プロフィール ×

神霊K・B・Y・S

Author:神霊K・B・Y・S
人類滅亡説を言い飽き、気がつけばガイドライン板に魅入られ、紹介する事に楽しみを見出した。


カテゴリー ×

カレンダー(月別) ×
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ニュースサイトリンク ×

- 誰が為に鈴は鳴る
- 吹き荒ぶ風が
- TricksteR
- 朝目新聞-asame.com
- おふらいんver2
- 酔拳の王 だんげの方
- Goonie!
- ゴルゴ31
- 桃戯右士.com
- 俺暇
- 秒刊SUNDAY
- 鴎庵
- ほわいとぷれいす。
- ツキノツバサ
- テリヤキの××日記
- UG ZONE
- クローン人間現るッッッ!!の巻き
- ネタサイド
- ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS
- カトゆー家断絶
- 探偵ファイル
- everything is gone
- かーずSP
- 240雑記
- 神爆笑.com
- あっちの生活 2nd Stage
- 俺的ニュースの盛りw
- BEMANI CLUB
- 第3動画収集所
- rarity0
- まるちぶらんど
- 【choiris~ちょいりす~】
- 気ままに('(゚∀゚∩めもるよ!
- できそこないβ版
- 神コップBloG
- GilCrowsの映像技術研究所
- 虹色カタルシス
- 読みゲー
- GAKI@DAMA!!!
- 世界一バカ、決定戦!!
- チラウラ
- Blue Twin Tails
- へこあゆニュース
- 無節操一本勝負ブログ支部


2ch関連サイトリンク ×

- ちゃんねるぼっくす
- RPG板ウォ(゚∀゚)チィ!
- 義理ばるより(`・ω・´)頬ばれ!!
- お笑いコピペ選手権
- 小娘の2ちゃん日記
- Walkin' Around p.m.
- Diary of Hopeless Sinner
- バーチャル2ちゃんねらー裕子
- 非日常に首を突っ込んでみるテスト
- 泣ける2ちゃんねる
- Mr.I HD
- Studio301
- 今日も(・∀・)ニヤニヤ
- 雑談袋
- 2ちゃんねるの方舟 Reloaded
- Shining Award
- コビーのコーヒーブレイク
- 2ちゃんねるのひもじい話
- 2chブログ-ターミナル( ´,_ゝ`)プッ
- 2chレスブック
- ■(^0^)/AAだよ!全員集合:アスキーアート保管庫
- ちゃんねるガイド
- アルカン速報


VIP関連サイト ×

- 【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)
- ⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン
- VIP・2ちゃんアンテナ


注目テキストサイトリンク ×

- 脊髄 -筋肉主義的世界観 -
- ゴタクナラベ
- The Biggest Collection
- TALog with 禁煙blog
- 横浜五番街から愛を込めて。
- イオナディスコ
- 煙いブログ
- ベレー帽の部屋
- BWSのダイアリ
- 桃ぶろぐ


逆アクセス ×


ブログ内検索 ×

RSSフィード ×

アクセスカウンター ×
前blogからの引継ぎです。


ランキング1
ランキング2
まとめのまとめ
2ちゃんねる関連リンク・2ちゃんねらオンリ検索エンジン

アクセスランキング


メールフォーム ×
管理人への受付はこのメールフォームをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



 神霊K・B・Y・Sが一体出た! 
巨大掲示板2ちゃんねる内のガイドライン板記事関連、その他を紹介するサイトです。


スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Yoshi【ケータイ小説】のガイドライン 【2007/07/09 21:53】 ガイドライン板スレッド
1 :水先案名無い人:2007/06/05(火) 19:53:25 ID:F+7TGOoN0●
「ギャ!グッワ!待ってくれ!待ってくれ!」
オヤジは、叫んだ。
「許してくれよ!入れたかっただけなんだから」
「バキッ!ボコッ!」
ケンはかまわず殴り続ける。
「ヒッー!助けてー!助けてー!」
オヤジが悲鳴に近い叫び声をあげた。
「お前みたいな奴がいるからいけないんだ!」
ケンが叫びながら殴り続ける。
「ギャー」
オヤジの血があたりに飛び散った。ケンのコブシも血で染まっている。
「世の中!狂ってんだよ!狂ってんだよ!」
ケンの形相は、もうフツウではなかった。その様子を見ていた、ミクも従業員も言葉を失ってしまっていた。
思わずミクが言った。
「店長!それ以上やったら死んじゃう!」
「ガッシ!ボカ!」
ケンには、まったく聞こえていない。オヤジも失神したのか動かなくなった。
「キャー、やめて!」
ミクが叫んだ。
「あっ……はい」
従業員が後ろからケンを押さえた。

------------------------------------------------------------------------

ケータイ小説の生みの親と言われるYoshi
DQNが感動しまくって120万部も売れたケータイ小説の一部が元ネタ。
微妙な表現力、文章力と指摘し、アレンジする人が出てきた。

------------------------------------------------------------------------

23 :水先案名無い人:2007/06/05(火) 20:56:45 ID:N58Um7DX0
303 :助けて!名無しさん!:2007/05/25(金) 15:41:10 ID:xNzT0oc7
「ギャ!グッワ!待って!待って!」
 レナは、叫んだ。
 「許して!ライブの杖が欲しかっただけなんだから」
 「バキッ!ボコッ!」
 リフはかまわず殴り続ける。
 「ヒッー!助けてー!助けてー!」
 レナが悲鳴に近い叫び声をあげた。
 「貴様みたいな奴がいるからきずぐすりになってしまうんだ!」
 リフが叫びながら殴り続ける。
 「人殺しー」
 レナの血があたりに飛び散った。リフのコブシも血で染まっている。
 「世の中!狂ってんだよ!狂ってんだよ!」
 リフの形相は、もう僧侶ではなかった。その様子を見ていた、マルスもメンバーも言葉を失ってしまっていた。思わずマルスが言った。
 「リフ!それ以上やったら死んでしまう!」
 「ガッシ!ボカ!」
 リフには、まったく聞こえていない。レナも失神したのか動かなくなった。
 「キャー、やめて!」
 ダロスが叫んだ。
 「あっ……はい」
 マルスが後ろからリフを押さえた。

------------------------------------------------------------------------

爆笑。きずぐすりの逆襲。ファイアーエムブレム(FE)のガイドラインネタ

------------------------------------------------------------------------

72 :水先案名無い人:2007/06/06(水) 00:19:43 ID:goFJiAnm0
334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/03(日) 00:47:59.50 ID:Et4JIbEt0

オヤジ「一見殴られて当然の私、だが少し待ってほしい」

「バキッ!ボコッ!」

オヤジ「もう入れたりなんかしないよ」
しかし次の瞬間!(えーっ)
そこにはオヤジを元気に殴り続けるケンの姿が!

「ガッシ!ボカ!」

それにしてもこの店長ノリノリである。
ミク「そこで、まずはケンを止めることが第一だと思いました」
従業員による決死の抱きとめにより乱行もここまで、あえなく御用となった。

------------------------------------------------------------------------

ここでネタばらし。世界まる見え!テレビ特捜部のガイドラインネタ

------------------------------------------------------------------------

75 :水先案名無い人:2007/06/06(水) 00:24:03 ID:goFJiAnm0
469 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/03(日) 01:18:32.43 ID:e33JfUi30
>>444 直してみた

「ギャ!グッワ!待ってくれ!待ってくれ!」
羽蛾は、叫んだ。
「許してくれよ!勝ちたかっただけなんだから」
「ズバッ!ドシュッ!」
遊戯はかまわず殴り続ける。
「ヒッー!助けてー!助けてー!」
羽蛾が悲鳴に近い叫び声をあげた。
「ドロー、モンスターカード!ドロー、モンスターカード!」
遊戯が叫びながら殴り続ける。
「ギャー」
羽蛾の血があたりに飛び散った。魔導戦士ブレイカーの剣も血で染まっている。
「ドロー、モンスターカード!ドロー、モンスターカード!」
遊戯の形相は、もうフツウではなかった。その様子を見ていた、杏子も言葉を失ってしまっていた。思わず杏が言った。
「遊戯!それ以上やったら死んじゃう!」
「ズッバ!ドバ!」
遊戯には、まったく聞こえていない。羽蛾も失神したのか動かなくなった。
「もうやめて!」
杏子が叫んだ。
「HA☆NA☆SE!!」

------------------------------------------------------------------------

爆笑。ずっと俺のターン!ネタ

------------------------------------------------------------------------

114 :水先案名無い人:2007/06/12(火) 21:28:14 ID:MjKU5XFJ0
「ギャ!グッワ!待ってくれ!待ってくれ!」
とか言いながら息をを荒げて
「奴等がまた近づいて来たみたいだな・・・」 なんて言ってた。
クラスメイトに「何してんの?」と聞かれると
俺はかまわず人気の無いところに消えていく 。
テスト中、静まり返った教室の中で
「ヒッー!こんな時にまでー!しつこい奴等だー!」
と悲鳴に近い叫び声をあげて教室飛び出した時のこと思い返すと死にたくなる 。
柔道の授業で試合してて、
「邪気眼(自分で作った設定で俺の持ってる第三の目)を持たぬ物にはわからんだろう!」
俺が叫びながら殴り続ける。
「ギャー」
相手の血があたりに飛び散った。俺のコブシも血で染まっている。
「が・・・あ・・・離れろ・・・死にたくなかったら早く俺から離れろ!!」
俺の形相は、もうフツウではなかった。その様子を見ていた、相手も体育教師も言葉を失ってしまっていた。
思わずヤンキーが言った。
「邪気眼見せろよ!邪気眼!」
「・・・ふん・・・小うるさい奴等だ・・・失せな」
ヤンキーは、まったくビビッていない。逆上したのかスリーパーホールドかけてきた。
「キャー、し、静まれ・・・俺の腕よ・・・怒りを静めろ!!」
俺が叫んだ。
「キーンコーン……カーンコーン」
そうやってチャイムまで腕を押さえてた。
授業と授業の間の短い休み時間ならともかく、昼休みに絡まれると悪夢だった 。

------------------------------------------------------------------------

相性が良すぎる邪気眼のガイドラインネタ

------------------------------------------------------------------------

124 :水先案名無い人:2007/06/13(水) 23:22:20 ID:VdWNyELr0
「サ!ラッダ!待ってくれ!待ってくれ!」
客は、叫んだ。
「許してくれよ!メタボりたくないんだから」
「ごいポ!ごいポッ!」
店長はかまわず叫び続ける。
「ヒッー!助けてー!助けてー!」
客が悲鳴に近い叫び声をあげた。
「ご一緒にポテトもいかがですか!」
店長が叫びながらカゴを振り続ける。
「ギャー」
ポテトの油があたりに飛び散った。店長の指先も油で滑っている。
「じゃが芋!食えってんだよ!食えってんだよ!」
店長の形相は、もうフツウではなかった。その様子を見ていた、客も従業員も言葉を失ってしまっていた。
思わず従業員が言った。
「店長!それ以上作ったら廃棄になっちゃう!」
「ゴッい!ポか!」
店長には、まったく聞こえていない。レジも漏電したのか動かなくなった。
「キャー、やめて!」
客が叫んだ。
「あっ……はい」
従業員が後ろから塩を投入した。
127 :水先案名無い人:2007/06/14(木) 00:16:56 ID:KSD7OKNL0
「ギャ!グッワ!ま まて まってくれ」
すざくは さけんだ
「や やめろ ひー わたしには どんなこうげきも つうじません にげるのが いちばんです!」
「ブィーン!ブィーン!」
0001は かまわず チェーンソー でこうげき
「ヒェー!たすけてー!たすけてー!」
すざくが ひめいにちかい さけびごえをあげた
「てめえのようなやつが 1ばん むかつくんだよ!」
0002は さけびながら ガラスのつるぎ でこうげき
「ギャー」
ガラスのつるぎ はくだけちった 0002の コブシも ちでそまっている。
「あとは!エネルギーの!プルトニウムだ!」
げんぱつ のちけいは もうフツウではなかった そのようすを みていた 0003も 0004も ことばをうしなってしまっていた
まかせろ と そうちょうが いった
「そうちょう!さつじんバリアが はられてるぞ!」
「ガッシ!ボカ!」
そうちょうには まったく きこえていない すざくも たてものや ちかまでは  おってこない
「へっ どうだ これが おとこだぜ!」
そうちょうが さけんだ
「まったく おおばかやろうだ あんたは!」
0001は ゾクのはちまき をうけとった

------------------------------------------------------------------------

ガラスのつるぎは確かにそうなりそうだ。かみのガイドラインネタ

------------------------------------------------------------------------

132 :水先案名無い人:2007/06/14(木) 17:26:41 ID:qeGBe9w90
「ギャ!グッワ!やつを追う前に!言っておくッ!」
ポルナレフは、叫んだ。
「許してくれよ!やつのスタンドを体験したというよりはまったく理解を超えていただけなんだから」
「ドドドドドッ!ゴゴゴゴゴッ!」
ポルナレフはかまわず話し続ける。
「ヒッー!ありのままー!ありのままー!」
ポルナレフが悲鳴に近い叫び声をあげた。
「おれは奴の前で階段を登っていたと思ったらいつのまにか降りていたからいけないんだ!」
ポルナレフが叫びながら説明し続ける。
「ギャー」
ポルナレフの唾があたりに飛び散った。ポルナレフの額も汗で染まっている。
「おれも何をされたのか!わからなかったんだよ!わからなかったんだよ!」
ポルナレフの形相は、もうフツウではなかった。その様子を見ていた、ジョセフも承太郎も言葉を失ってしまっていた。
思わず承太郎が言った。
「ポルナレフ!それ以上やったら頭がどうにかなりそう!」
「催眠ッ術!超スピード!」
ポルナレフには、まったく聞こえていない。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったのか動かなくなった。
「キャー、安心するんじゃポルナレフ!」
ジョセフが叫んだ。
「あっ……はい」
花京院が後ろからポルナレフを押さえた。

------------------------------------------------------------------------

爆笑。ポルナレフがありのまま起こった事を話すガイドラインネタ

------------------------------------------------------------------------

133 :水先案名無い人:2007/06/14(木) 17:54:26 ID:L/N4yKIAO
「ギャ!グッワ!待ってくれ!待ってくれ!」
水銀燈は、叫んだ。
「許してくれよ!アリスになりたかっただけなんだから」
「バキッ!ボコッ!」
真紅はかまわず殴り続ける。
「ヒッー!助けてー!乳酸菌ー!」
水銀燈が悲鳴に近い叫び声をあげた。
「お前みたいな奴がいるからいけないんだ!」
真紅が叫びながら殴り続ける。
「ギャー」
水銀燈の服が燃え上がった。真紅のコブシも絆とも言うのよ!
「アリスゲーム!狂ってんだよ!狂ってんだよ!」
真紅の形相は、もうフツウではなかった。その様子を見ていた、ジュンも翠星石も言葉を失ってしまっていた。
思わず翠星石が言った。
「真紅!それ以上やったらジャンクになっちゃう!」
「ガッシ!ボカ!」
真紅には、まったく聞こえていない。水銀燈も燃え尽きたのか動かなくなった。
「キャー、やめて!」
翠星石が叫んだ。
「あっ……はい」
ジュンが後ろから真紅を押さえた。

------------------------------------------------------------------------

助けて乳酸菌に笑った【水銀燈】嫌な女…のガイドライン【ブチギレ】ネタ

------------------------------------------------------------------------

135 :水先案名無い人:2007/06/15(金) 12:00:04 ID:wXWYjRuW0
「ギャ!グッワ!何いきなり殴りかけて来てるわけ?」
オヤジは叫んできたんだが残念なことに俺の怒りは有頂天だったらしい
「許してくれよ!ハメ入れたかっただけおれのシマじゃノーカンだから!」
「お前バキッ!ボコッるわ・・」
おれは普通ならまだ付かない時間できょうきょ殴り続ける
「ヒッー!バックステッポ!バックステッポ!」
オヤジがアワレにもくずれそうになってるっぽい叫び声をあげた
「俺パンチングマシンで100とかだすし!」
おれは追撃のグランドヴァイパでかまわず殴り続けダメージは加速した
「今のがリアルでなくて良かったな、リアルだったらお前はもう死んでるぞ」
ズタズタにされた金髪の雑魚オヤジの血があたりに飛び散ったおれのコブシも血で染まってしまうことがまれによくあるらしい
「だれが世の中狂ってるって証拠だよ!」
おれの形相はもうフツウではなかったなその様子を見ていたらしいギャラリーも言葉を失ってしまっていたらしい
思わずミクが
「ヴァナのイチローですね!それ以上やったら死んじゃう!」
系のことを言ったがもうだめ時既に時間切れ
「うるさい!気が散る!一瞬の油断が命取り!」
おれは後ろに回り不意だまスフィストを打つと何回かしてたらオやジも失神したのか動かなくなった
「キャー、はやくあやまっテ!!」
叫んだの絶対忍者だろさすが忍者汚いな忍者きたなすぐるやっぱり忍者汚いさすがきたないやっぱり
「あっ……はい」
従業員が後ろからおれを押さえたので俺はミステリーを残す為家に帰ったが多分不良界で伝説になってる

------------------------------------------------------------------------

これも相性がいいブロントのガイドラインネタ

------------------------------------------------------------------------

142 :水先案名無い人:2007/06/20(水) 00:23:37 ID:MEWs0WwK0
「見苦しいわっ……!上がれんのはお前の甘さ……迂闊だったからだっ……!」
オヤジは、叫んだ。
「それを……いくら妬ましいからってオレに八つ当たりするとは何事だっ……!クズがっ……!」
「…………」
カイジはおとなしく押さえられ続ける。
「死ねっ……!死ねっ!死ねっ!死ねっ!」
オヤジが悲鳴に近い叫び声をあげた。
「あとは這って2?3年生き……死ぬ……!」
オヤジがドアを閉めながら叫び続ける。
「死にさらせっ……!」
オヤジの声があたりに響いた。石田もカイジを諭していた。

「今頃気付いたかマヌケめ。抜けてんのはきさまなんだよ岡林……大甘さ……バカめっ……!」
カイジの舌の上には、指輪が二つあった。その様子を見ていた、石田も岡林も言葉を失ってしまっていた。
思わず後ろの二人が言った。
「カスっ!ゴミっ!クズっ!」
「ドカッ!ドコッ!」
カイジには、まったく関係ない。オヤジも失神したのか動かなくなった。
「この宝石に1500万以上の価値があるなら救わざるをえまいっ……!さっさと救えっ!ゴミども……!」
カイジが叫んだ。
「あっ……はい」
黒服がカイジを離した。

143 :水先案名無い人:2007/06/20(水) 01:11:28 ID:g7XEXyreO
「ジャーン!ジャーン!ジャーン!」
銅羅が、鳴った。
「げぇっ!関羽!!」
曹操は、叫んだ。
「許してくれよ!荊州を手に入れたかっただけなんだから」
「ジャーン!ジャーン!ジャーン!」
銅羅はかまわず鳴り続ける。
「ヒャッー!助けてー!助けてー!」
曹操が悲鳴に近い叫び声をあげた。
「ジャーン!ジャーン!ジャーン!」
銅羅が狂ったように鳴り続ける。
「アワワ…」
曹操の股間が濡れていた。銅羅の打ち手のコブシは血で染まっている。
「ジャーン!ジャーン!ジャーン!」
打ち手の形相は、もうフツウではなかった。その様子を見ていた、関羽も周倉も言葉を失ってしまっていた。
思わず関羽が言った。
「やめい!それ以上やったら死んでしまう!」
「ジャーン!ジャーン!ジャーン!」
打ち手には、まったく聞こえていない。
「へなへな…」
曹操も失神したのか動かなくなった。
「えぃ、やめい!」
関羽が叫んだ。
「あっ……はい」
周倉が後ろから打ち手を押さえた。

------------------------------------------------------------------------

鳴りすぎ。げえっ、関羽!のガイドラインネタ

------------------------------------------------------------------------

146 :水先案名無い人:2007/06/21(木) 02:01:34 ID:IHzaxHV10
「ギャ!グッワ!待ってくれ!待ってくれ!」
伊良子は、叫んだ。
「許してくれよ!三百石の屋敷が欲しかっただけなんだから」
「ドォン!ドォン!」
藤木はかまわず殴り続ける。
「ヒッー!助けてー!助けてー!」
伊良子が悲鳴に近い叫び声をあげた。
「今宵はめでたき日にぎざる・・・めでたき日にござる・・・」
藤木が叫びながら殴り続ける。
「ギャー」
伊良子の血があたりに飛び散った。藤木のコブシも血で染まっている。
「虎子の間!まこと広うなり申した!まこと広うなり申した!」
藤木の形相は、もうフツウではなかった。その様子を見ていた、牛股も高弟たちも言葉を失ってしまっていた。
思わず牛股が言った。
「藤木!それ以上やったら死んじゃう!」
「ドォン!ドォン!」
藤木には、まったく聞こえていない。伊良子も失神したのか動かなくなった。
「それまで」
虎眼が叫んだ。
「ぬふぅ」
舟木道場の兵馬数馬はその日も同時に達した

------------------------------------------------------------------------

お美事にござります。シグルイのガイドラインネタ

------------------------------------------------------------------------

152 :水先案名無い人:2007/06/22(金) 17:29:51 ID:nDNZCQa/0

「ナ!ナデナデ!ナデナデシテー!ナデナデシテー!」
オヤジは、叫んだ。
「許してくれよ!ナデナデされたかっただけなんだから」
「バキッ!ボコッ!」
ケンはかまわずマッサージ器を当て続ける。
「ファー…ブルスコ…ファー…ブルスコ…」
オヤジが悲鳴に近い叫び声をあげた。
「お前みたいなオモチャがあるからいけないんだ!」
ケンが叫びながらチョップし続ける。
「モルスァ」
オヤジはすごい勢いで飛んでった。ケンのマッサージ器も血で染まっている。
「ファービー!電池切れてんだよ!電池切れてんだよ!」
ケンの形相は、もうフツウではなかった。その様子を見ていた、ミクも従業員も言葉を失ってしまっていた。
思わずミクが言った。
「店長!それ以上やったら死んじゃう!」
「ガッシ!ボカ!」
ケンには、まったく聞こえていない。オヤジも失神したのか動かなくなった。
「アーーーーーーーー、ヤメテーーーーーーー!」
ミクが叫んだ。
「アッ……モルスァ」
従業員が後ろからケンを押さえた。

------------------------------------------------------------------------

オヤジが怖すぎるファービーのガイドラインネタ

------------------------------------------------------------------------

170 :水先案名無い人:2007/06/28(木) 01:47:03 ID:x5a3SODQ0
「ギャ!グッワ!聞いてくれ!聞いてくれ!」
>>1は、叫んだ。
「許してくれよ!近所の吉野家行っただけなんだから」
「アホかとッ!馬鹿かとッ!」
ケンはかまわず150円引き続ける。
「ヒッー!おめでてー!おめでてー!」
>>1が悲鳴に近い叫び声をあげた。
「お前みたいな奴は150円やるから席空けろ!」
ケンがUの字テーブルに座りながら喧嘩が始まってもおかしくはない。
「女子供はすっこんでろ」
>>1のつゆだくがあたりに飛び散った。ケンのコブシも大盛りで染まっている。
「つゆだく食いたいのか問いたい!問い詰めたい!小一時間問い詰めたい!」
ケンの形相は、もうフツウではなかった。その様子を見ていた、吉野屋通も店員も言葉を失ってしまっていた。
思わずミクが言った。
「店長!大盛りねぎだくギョク!」
「ねぎ多め!肉少なめ!」
ケンには、まったく聞こえていない。>>1もマークされたのか動かなくなった。
「キャー、素人にはお薦めできない!」
ミクが叫んだ。
「あっ……はい」
従業員が後ろから牛鮭定食を押さえた。

------------------------------------------------------------------------

さすが殺伐としている吉野家コピペネタ

------------------------------------------------------------------------

175 :水先案名無い人:2007/07/01(日) 02:38:06 ID:OTDCSYrz0
「ギャ!グッワ!待ってくれ!待ってくれ!」
上島は、叫んだ。
「許してくださいよ!入れたかっただけなんだから」
「ピコッ!ポコッ!」
たけしはかまわず殴り続ける。
「ヒッー!助けてー!助けてー!」
上島が悲鳴に近い叫び声をあげた。
「おまえみたいな奴がいるからいけないんだ、バカヤロー!」
たけしが叫びながら殴り続ける。
「ギャー」
アツアツのおでんがあたりに飛び散った。たけしのピコピコハンマーも上島の涙で染まっている。
「上島!バカヤロー!バカヤロー!」
たけしの形相は、もうフツウではなかった。その様子を見ていた、寺門も肥後も言葉を失ってしまっていた。
思わず寺門が言った。
「殿!それ以上やったらCMに入っちゃう!」
「ピコ!ポカ!」
たけしには、まったく聞こえていない。上島もオチをはずしたのか涙目になった。
「押すなよー!」
竜ちゃんが叫んだ。
「あっ……はい」
肥後が後ろから上島を蹴飛ばした。

------------------------------------------------------------------------

爆笑。うまい。
上島竜兵コンボのガイドラインネタ

------------------------------------------------------------------------

180 :水先案名無い人:2007/07/03(火) 01:40:32 ID:RTRsr/yz0
「ヤッ!バッイ!宇宙ヤバイ!宇宙ヤバイ!」
オヤジは、超広かった。
「許してくれよ!東京ドーム20個分とか言うレベルじゃないんだから」
「何坪ッ!何?fッ!」
ケンはかまわず膨張し続ける。
「ヒッー!トイレー!超遠いー!」
オヤジが徒歩10分に近い自転車で二時間声をあげた。
「お前みたいな最も遠くから到達する光がいるから遠いんだ!」
ケンが有限になりながら宇宙の端の外側になる。
「ケルビンー」
オヤジの寒さが摂氏?272℃になった。ケンの釘もバナナで打たれている。
「宇宙!超何も無いんだよ!超ガラガラなんだよ!」
ケンの億年は、もう小学生ではなかった。その様子を見ていた、ミクも従業員も馬力が凄かった。
思わずミクが積分計算した。
「店長!それ以上無限を上手く扱えないと有限にしちゃう!」
「エッフ!演算子!」
ケンは、全然平気。オヤジも無限を無限のまま扱ったのかヤバくなった。
「キャー、ハッブル!」
ミクが宇宙のヤバさをもっと知った。
「あっ……超偉い」
従業員が後ろから宇宙に出て行った。

------------------------------------------------------------------------

ヤバさがよく伝わる宇宙ヤバイのガイドラインネタ

------------------------------------------------------------------------

188 :水先案名無い人:2007/07/04(水) 22:22:06 ID:6Vm+78DH0
「ギャ!グッワ!待ってくれ!待ってくれ!」
白人は、叫んだ。
「許してくれよ!バスに乗れば安全だろうと思っただけなんだから」
「バキッ!ボコッ!」
石強盗はかまわず殴り続ける。
「ヒッー!赤子ほど危ない!赤子ほど危ないー!」
白人が悲鳴に近い叫び声をあげ頭から血を流して倒れていた。
「お前みたいな奴がいるからヨハネスブルグにおける殺人事件による死亡者は1日平均120人、うち約20人が外国人旅行者ー!」
石強盗が叫びながら殴り続ける。
「ギャー」
白人の血があたりに飛び散った。石強盗の石も血で染まっている。
「レイプ!女も!男も!」
石強盗の足元の白人は、もうぐにゃりとしていた。その様子を見ていた、軍人上がりの8人も同じ体格の20人も言葉を失ってしまっていた。
思わず軍人上がりの8人が言った。
「石強盗!それ以上やったら死んじゃう確率が150%!」
「ガッシ!ボカ!」
石強盗には、まったく聞こえていない。白人も手首が切り落とされていたのか動かなくなった。
「キャー、そんな危険なわけがない!」
軍人上がりの8人が叫んだ。
「あっ……はい」
同じ体格の20人が後ろから石強盗を押さえた。

------------------------------------------------------------------------

危なすぎる世界。ヨハネスブルグのガイドラインネタ

------------------------------------------------------------------------

194 :水先案名無い人:2007/07/05(木) 04:45:23 ID:8KwoLtZK0
「ギャ!グッワ!待ってよ!待ってよ!」
ティアナは、叫んだ。
「許してください!私は誰も傷つけたく無かっただけなんだから」
「バキッ!ボコッ!」
なのははかまわず攻撃し続ける。
「ヒッー!助けてー!助けてー!」
ティアナが悲鳴に近い叫び声をあげた。
「少し、頭を冷やそうか」
なのはが叫びながら魔法をかけ続ける。
「キャー」
ティアナヘの爆風があたりに飛び散った。なのはの手のひらも血で染まっている。
「私の訓練!そんなに間違ってる!?間違ってる!?」
なのはの形相は、もうフツウではなかった。その様子を見ていた、フェイトもヴィータも言葉を失ってしまっていた。
思わずスバルが言った。
「なのはさん!それ以上やったら死んじゃう!」
「ガッシ!ボカ!」
なのはには、まったく聞こえていない。ティアナも失神したのか動かなくなった。
「キャー、やめて!」
スバルが叫んだ。
「今日の訓練はこれで終了・・」
なのはが後ろへ立ち去っていった。

------------------------------------------------------------------------

やはり相性が良かった少し、頭冷やそうか…のガイドラインネタ

元ネタスレ
Yoshi【ケータイ小説】のガイドライン

------------------------------------------------------------------------

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

やべぇwww傑作揃いwww
【2007/07/14 01:16】 URL | 名無し!! #- [ 編集]


Yoshi大先生最高w
【2007/08/31 12:06】 URL | 水先案名無い人 #jDmYJN2k [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kbys.blog63.fc2.com/tb.php/121-9fa5d908
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。