プロフィール ×

神霊K・B・Y・S

Author:神霊K・B・Y・S
人類滅亡説を言い飽き、気がつけばガイドライン板に魅入られ、紹介する事に楽しみを見出した。


カテゴリー ×

カレンダー(月別) ×
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ニュースサイトリンク ×

- 誰が為に鈴は鳴る
- 吹き荒ぶ風が
- TricksteR
- 朝目新聞-asame.com
- おふらいんver2
- 酔拳の王 だんげの方
- Goonie!
- ゴルゴ31
- 桃戯右士.com
- 俺暇
- 秒刊SUNDAY
- 鴎庵
- ほわいとぷれいす。
- ツキノツバサ
- テリヤキの××日記
- UG ZONE
- クローン人間現るッッッ!!の巻き
- ネタサイド
- ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS
- カトゆー家断絶
- 探偵ファイル
- everything is gone
- かーずSP
- 240雑記
- 神爆笑.com
- あっちの生活 2nd Stage
- 俺的ニュースの盛りw
- BEMANI CLUB
- 第3動画収集所
- rarity0
- まるちぶらんど
- 【choiris~ちょいりす~】
- 気ままに('(゚∀゚∩めもるよ!
- できそこないβ版
- 神コップBloG
- GilCrowsの映像技術研究所
- 虹色カタルシス
- 読みゲー
- GAKI@DAMA!!!
- 世界一バカ、決定戦!!
- チラウラ
- Blue Twin Tails
- へこあゆニュース
- 無節操一本勝負ブログ支部


2ch関連サイトリンク ×

- ちゃんねるぼっくす
- RPG板ウォ(゚∀゚)チィ!
- 義理ばるより(`・ω・´)頬ばれ!!
- お笑いコピペ選手権
- 小娘の2ちゃん日記
- Walkin' Around p.m.
- Diary of Hopeless Sinner
- バーチャル2ちゃんねらー裕子
- 非日常に首を突っ込んでみるテスト
- 泣ける2ちゃんねる
- Mr.I HD
- Studio301
- 今日も(・∀・)ニヤニヤ
- 雑談袋
- 2ちゃんねるの方舟 Reloaded
- Shining Award
- コビーのコーヒーブレイク
- 2ちゃんねるのひもじい話
- 2chブログ-ターミナル( ´,_ゝ`)プッ
- 2chレスブック
- ■(^0^)/AAだよ!全員集合:アスキーアート保管庫
- ちゃんねるガイド
- アルカン速報


VIP関連サイト ×

- 【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)
- ⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン
- VIP・2ちゃんアンテナ


注目テキストサイトリンク ×

- 脊髄 -筋肉主義的世界観 -
- ゴタクナラベ
- The Biggest Collection
- TALog with 禁煙blog
- 横浜五番街から愛を込めて。
- イオナディスコ
- 煙いブログ
- ベレー帽の部屋
- BWSのダイアリ
- 桃ぶろぐ


逆アクセス ×


ブログ内検索 ×

RSSフィード ×

アクセスカウンター ×
前blogからの引継ぎです。


ランキング1
ランキング2
まとめのまとめ
2ちゃんねる関連リンク・2ちゃんねらオンリ検索エンジン

アクセスランキング


メールフォーム ×
管理人への受付はこのメールフォームをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



 神霊K・B・Y・Sが一体出た! 
巨大掲示板2ちゃんねる内のガイドライン板記事関連、その他を紹介するサイトです。


スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【水銀燈】嫌な女…のガイドライン【ブチギレ】 【2006/12/28 11:17】 ガイドライン板スレッド
1 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 12:14:09 ID:lX2A+4IU0●
水銀燈「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     自分より劣るかわいそうなドールだと 」

真紅「それは…」

水銀燈「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
     私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」

真紅「違う…」

水銀燈「自分が上だと…自分はお父様に愛されていると そう思って私を笑っていただけなんでしょう」

真紅「それは違うわ… 違う… 私は…」

水銀燈「うるさい! …嫌な女。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
     たまたま上手く作られただけなのに… 
     私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

真紅「違うわ! 私はせめて、サラのもとで幸せに暮らせるようにと思って…」

水銀燈「それが私を馬鹿にしているといっているのよ! 私をローゼンメイデンと認めてくれてなかった!」

真紅「…だってあなたは! 」

水銀燈「あなたみたいなドール、アリスになれるわけがない! 」


【嫌な女…の由来】
ローゼンメイデンオーベルテューレの作中で行われたセリフのやり取り。
究極の少女”アリス”を目指し、互いを思い助け合う真紅と水銀燈の関係は
あまりにかけ離れた境遇のために、憎しみ合う悲劇へと発展してしまうのだが
どう見ても昼メロドラマです。
92 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 18:39:24 ID:yvpGWAcg0


真紅「ジャンクのくせに・・・」

水銀燈「・・・なんですって?」

真紅「作りかけの・・・ ジャンクのくせに」

水銀燈「!」

真紅「ジャンク!!」

水銀燈「!!うおおおお!!! 真紅ぅ!!」

(鐘の音)

ラプラス「何事にも潮時はあるというもの・・・」

真紅「ラプラス!」

ラプラス「翠星石・蒼星石が眠りにつき、真紅も契約を解除
      この時代でのアリスゲームは終了しました。
      お楽しみは次の時代に・・・」

水銀燈「何を言っているの? うっ!」

(二人が引き離される)

水銀燈「真紅!!」

真紅「くっ・・・」

------------------------------------------------------------------------

12月22、23日に放送されたローゼンメイデンの特別編である
ローゼンメイデン オーベルテューレの内容が元ネタ。

------------------------------------------------------------------------

15 :ちょっと手直しして春:2006/12/27(水) 12:34:39 ID:eME9ZIOr0
蒼星石「僕は、やっぱり薔薇乙女だったみたい。」
翠星石「うそです。だってあなたは、まだ男の子だからですぅ。
    僕っていうのもそうだからですぅ。」
蒼星石「…やっぱりそうなんだ。僕のことをずっとそう思っていたんだね。
    乙女の振りをしている かわいそうな男の子だと」
翠星石「それは・・・」
蒼星石「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
    僕を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんだね」
翠星石「違うですぅ」
蒼星石「自分は上だと。自分は乙女なんだと、そう思って
    僕を笑っていただけなんだね。」
翠星石「それは違う。違うですぅ。私は・・・。」
蒼星石「うるさい!・・・嫌な女。少しばかり恵まれた髪型なだけなのに、
    たまたま乙女の仲間入りできただけなのに。
    僕の価値なんて君にとっては自分の価値を高めるだけだった!」
翠星石「違うです!翠星石は蒼星石の性転換の為に助力できればと思って・・・」
蒼星石「それが僕をバカにしてると言ってるの。僕を乙女と認めてくれてなかった!」
19 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 12:37:25 ID:80dW7aKr0
苺大福 …やっぱりそうなんだ
    僕のこと、ずっとそう思っていたんだろ、あんまり美味しくない苺大福だと・・・
雛苺 それは…
苺大福 赤くて黒くてうにゅ?っとしてて! 甘いのぉ?って言ってくれたのも、 
    哀れんでいただけ
    上から見下ろして満足していたんでしょう?
雛苺 違うの?…
苺大福 自分が上だと…自分は違いの分かる人形なんだと
    そう思って僕を笑っていただけなんだろう
雛苺 それは違うの?… 違う… 雛は…
苺大福 うるさい! …嫌な女
    少しばかりかわいいだけなのに
    たまたま美味しい苺大福が食べれただけなのに…
    僕の存在なんて、貴方にとっては自分の価値を高めるだけなんだ!
雛苺 違うの! 雛はただうにゅーが食べれるようにと思って…
苺大福 それが僕を馬鹿にしているといってるんだ! 
    僕を苺大福と認めてくれてなかった!
雛苺  …だってうにゅーは! うにゅーみたいなつぶつぶな中身、美味しいわけがないの?
24 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 12:53:00 ID:ZDC8WcXX0
ねこ警部
 …やはりそうだったのか
 ワシのことを、ずっとそう思っていたんじゃろう
 自分より劣るかわいそうなアホ警部じゃと
くんくん
 それは…
ねこ警部
 捜査に協力したことも
 事件を解決したのも
 ワシを哀れんでいただけ
 上から見下ろして満足していたんじゃろう?
くんくん
 違います…
ねこ警部
 自分が上だと…自分は名探偵なんだと
 そう思ってワシを笑っていただけなんじゃろう
くんくん
 それは違いますよ… 違います… 僕は…
ねこ警部
 うるさいわい! …嫌な犬っころ
 少しばかり賢く生まれただけなのに、
 たまたま推理が上手いだけなのに…
 ワシの存在など、くんくんにとっては自分の価値を高めるだけだったんじゃ!
くんくん
 違います! 僕はただ警部が事件を解決できるようにと思って…
ねこ警部
 それがワシを馬鹿にしているといってるんじゃ! 
 ワシを優秀な捜査員と認めてくれてなかった!
くんくん
 …だって警部は! 警部みたいなへっぽこ警部、事件を解決できるわけがない!
53 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 15:09:20 ID:SNzrsw2J0
金糸雀「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     自分より劣るかわいそうなドールだと 」
真紅「それは…」
金糸雀「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
     私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」
真紅「…否定はしないわ」
金糸雀「自分が上だと…自分はお父様に愛されていると そう思って私を笑っていただけなんでしょう」
真紅「…お父様に愛されているのは確かね」
金糸雀「うるさい! …嫌な女。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
     たまたま上手く作られただけなのに… 
     私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」
真紅「…もともとあなたより劣るところはひとつもなくてよ」
金糸雀「それが私を馬鹿にしているといっているのよ! 私をローゼンメイデンと認めてくれてなかった!」
真紅「…だってあなたはいつも裏でこそこそと動き回るだけで対等に向き合おうとしなかったじゃない 」
金糸雀「あなたみたいなドール、アリスになれるわけがない! 」
真紅「その言葉そっくりお返しするわ 、あらそろそろお茶の時間ね、金糸雀あなたも一緒にいかが」
金糸雀「おなじ台詞なのにこの差はなんなのかしらwww」
114 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 21:21:13 ID:4pLZ1CAYO
gdgdになってしまったorz

真紅「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     自分より優れてるからってうぬぼれてるドールだと 」

水銀燈「それは…」

真紅「『私を哀れんでる』とか『上から見下ろしている』って言ったのも
     自分を悲劇のヒロインに仕立てていただけ 自分の哀れぶりに酔い痴れていたんでしょう」

水銀燈「違う…」

真紅「自分が可哀相な人形だと…自分は真紅よりも同情を勝ち取れると そう思って私を悪役にしようとしていただけなんでしょう」

水銀燈「それは違うわ… 違う… 私は…」

真紅「うるさい! …嫌な女。少しばかり変な形でうまれただけなのに
     たまたまミスをして作られただけなのに… 
     私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

水銀燈「違うわ! 私はただ、あなたのことを羨ましいなと思って…」

真紅「それが私を利用しているといっているのよ! 私を味方と認めてくれてなかった!」

水銀燈「…だってあなたは! 」

真紅「あなたみたいなドールこそ、アリスになれるわけがない! 」
129 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 23:50:47 ID:rYCiPo4UO
修正3回目…もうミスってないといいが…

翠星石「…やっぱりそうなのですか 翠星石のこと、ずっとそう思ってたんですぅ
     自分よりJUMに愛されないかわいそうなドールだと」

真紅 「それは…」

翠星石「ミーディアムにJUMを薦めたのも
     翠星石を哀れんだだけ 上から見下して満足していたんですぅ」

真紅 「違う…」

翠星石「自分が上だと…自分はJUMに愛されていると そう思って翠星石を笑っていただけなんですぅ」

真紅 「それは違うわ…違う…私は…」

翠星石「うるさいです!…嫌な女…少しばかり早く家に来ただけなのに
     たまたま腕を直されただけなのに…
     翠星石の存在なんて、真紅にとっては自分の価値を高めるだけだった」

真紅 「違うわ!私はせめて、ミーディアムのもとで幸せに暮らせるようにと思って…」

翠星石「それが翠星石を馬鹿にしているといってるですっ!翠星石をJUMの恋人候補と認めてくれてなかった!」

真紅 「だってあなたは! 人前で甘えられないツンデレじゃない!」

翠星石「真紅みたいな計算高い女、JUMの恋人になれるわけがないです!」
123 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 22:52:31 ID:wPE31HP/0
ジュン …やっぱりそうなんだ
    僕のこと、ずっとそう思っていたんだろ、できのわるい不登校児だと・・・
巴   それは…
ジュン  時々プリントをもってきてくれるのも、 僕を哀れんでいただけで
    上から見下して満足していたんだろ?
巴  違う…
ジュン 自分が上だと…自分は優等生だから劣等生の面倒をみるんだと
    そう思いながら僕を笑っていただけなんだろう
巴  それは違うわ… 違う… 私は…
ジュン うるさい! …嫌な女
    少しばかり要領が上手いだけなのに
    たまたま雛苺のミーディアムになっただけなのに…
    僕の存在なんて、君にとっては自分の価値を高めるだけなんだ!
巴   違う! 私はただ桜田君が早く登校できるようになればいいと思って…
ジュン それが僕を馬鹿にしているといってるんだ!      
    僕が自力で立ち直って登校できるのを信じていなかったんだ!
巴   …男の子のくせに…
ジュン   !!!!
巴   男の子のくせに少女趣味まるだしの人形用のドレスを自作してネットで売ってるんでしょ
    女の子のふりをしてHPで通配してるらしいけど、住所でまるわかりだって
    学校にも来ないでなに馬鹿なことをしているんだって笑いものになってるのよ
    先生もさじを投げてるし、私ももう桜田君のことなんかしらないから
ジュン うわあああああああああああ
134 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 00:16:48 ID:5HXnjJm90
薔薇水晶「…やっぱりそうなの…私のこと……ずっとそう思っていたんでしょう?
      …自分より劣る…かわいそうなドールだと 」
雪華綺晶「それは…」
薔薇水晶「優しい言葉をかけたことも…手をかけてくれたことも
      私を哀れんでいただけ… 上から見下ろして満足していたんでしょう」
雪華綺晶「違う…」
薔薇水晶「自分が上だと…自分はお父様に愛されていると… そう思って私を笑っていただけなんでしょう?」
雪華綺晶「それは違うわ… 違う… 私は…」
薔薇水晶「うるさい……嫌な女。少しばかり遅れて恵まれて生まれただけなのに…
      たまたま奇跡的に作られただけなのに… 
      私の存在なんて…あなたにとっては…自分の価値を高めるだけだった…」
雪華綺晶「違うわ… 私はせめて、お父様のもとで…幸せに暮らせるようにと…思って…」
薔薇水晶「それが私を馬鹿にしているといっているのよ  …私をローゼンメイデンと認めてくれてなかった」
雪華綺晶「…だってあなたは 」
薔薇水晶「あなたみたいなドール、アリスになれるわけがない 」
雪華綺晶「偽物のくせに・・・」
薔薇水晶「・・・なんですって?」
雪華綺晶「偽者に作られた・・・ 偽者のくせに」
薔薇水晶「!」
雪華綺晶「偽物!!」
薔薇水晶「お父様を侮辱するなんて許さない!!雪華綺晶ぉおお!!!」

槐(お父様)「なにやってるんだ二人とも!」
雪華綺晶 「偽者!」
槐(お父様)「このドールは!?」
薔薇水晶 「雪華綺晶ぉ!何を言っているの! うっ!」
(二人が引き離される)
薔薇水晶 「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁんおとうさまぁぁぁ…うぅ…ひっく…うう」
槐(お父様)「薔薇水晶?」
雪華綺晶 「・・・「偽者・偽物」同士仲良くしなさい」

144 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 01:17:30 ID:5HXnjJm90
つよ水銀燈「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
      自分より劣るかわいそうなドールだと 」

なよ水銀燈「そっ…それは…」

つよ水銀燈「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
      私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」

なよ水銀燈「ちっ…違う…」

つよ水銀燈「自分が上だと…自分はお父様に愛されていると そう思って私を笑っていただけなんでしょう」

なよ水銀燈「そっ…それは違うわ… ちっ…違う… わっ私は…」

つよ水銀燈「うるさい! …嫌な女。恵まれてなくて…お父様の思いだけで…生まれただけなのに
      作りかけなのに… 
      私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

なよ水銀燈「うぅ!…違うわ! わ私はせめて、お父様のもとで…ぐす…幸せに暮らせるようにと思って…」

つよ水銀燈「それが私を馬鹿にしていると言っているのよ! 私をローゼンメイデンとして認めてくれなかった!」

なよ水銀燈「…だってあなたは! 」

つよ水銀燈「あなたみたいなドール!アリスになれるわけがない! 」

なよ水銀燈「ふえぇぇぇぇぇぇぇぇぇん!!!!」

つよ水銀燈「貴女見てると腹立ってくるのよぉお!!泣き虫!!」
159 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 08:26:26 ID:Teqpjy0q0
めぐ 「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     自分より劣るかわいそうな人間だと 」
水銀燈「それは…」
めぐ 「私のところにきてくれるのも
     私を哀れんでいるだけ 上から見下ろして満足しているんでしょう」
水銀燈「違う…」
めぐ 「自分が上だと…こんな死にかけの人間よりも自分のほうがまし、 そう思って私を笑っていただけなんでしょう」
水銀燈「それは違うわ… 違う… 私は…」
めぐ 「うるさい! …嫌な女。少しばかり自由に動ける翼を持ってるだけなのに
     たまたま契約できる人間が私だけだったのに… 
     私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」
水銀燈「違うわ! 私はせめて、めぐのためになにかできるかと思って…」
めぐ 「それが私を馬鹿にしているといっているのよ! 私をミーディアムと認めてくれてなかった!」
水銀燈「…だってあなたは! 」
めぐ 「あなたみたいなドール、アリスになれるわけがない!
       
     
    …なんて私が本気で言うわけないでしょ、ちょっとからかってみただけよ、ごめんなさいね水銀燈 」
水銀燈「…こ、このジャンク! 」
6 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 12:21:52 ID:lX2A+4IU0
シン「…やっぱりそうなんだ 俺のこと、ずっとそう思ってたんだな
     自分より人気の無いかわいそうな主人公だと」

キラ「それは…」

シン「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
     俺を哀れんだだけ 上から見下して満足していたんだな」

キラ「違う…」

シン「自分が上だと…自分は視聴者に愛されていると そう思って俺を笑っていただけなんだろ」

キラ 「それは違うよ…違う…僕は…」

シン「うるさい!…嫌な男…少しばかり恵まれてうまれただけなのに
     たまたま上手く作られただけなのに…
     俺の存在なんて、お前にとっては自分の価値を高めるだけだった!」

キラ「違う!僕はせめて、君の出番が増えるようにと思って…」

シン「それが俺を馬鹿にしているといってるんだ!俺を主人公と認めてくれてなかった!」

キラ「だって君は!」

シン「お前みたいなコーディネーター、主人公なわけがない!
    主人公は…本来の主人公は俺だ!」

8 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 12:22:06 ID:ZDC8WcXX0
監督 …やっぱりそうなんだ
    僕のこと、ずっとそう思っていたんだろ、たいした作品を作れないヘボ監督だと・・・
TBS それは…
監督 第2期の話を持ってきたのも、 僕を哀れんでいただけ
    上から見下ろして満足していたんだろ?
TBS 違う…
監督 自分が上だと…自分は天下のTBSなんだと
    そう思って僕を笑っていただけなんだろう
TBS それは違うよ… 違う… 僕は…
監督 うるさい! …嫌なTV局
    少しばかりDVD売り上げが落ちただけなのに
    たまたま深夜帯で売れなかっただけなのに…
    僕の存在なんて、TBSにとっては自分の価値を高めるだけなんだ!
TBS 違う! 僕はただ君が活躍出来るようにと思って…
監督 それが僕を馬鹿にしているといってるんだ! 
    僕を監督と認めてくれてなかった!
TBS  …だって君は! 君みたいな一発屋、連続で名作を作れるわけがない!

9 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 12:24:50 ID:80dW7aKr0
ゴロリ「…やっぱりそうなんでしょ。
      ぼくのこと、ずっとそう思っていたんでしょ。
      自分より劣るかわいそうなクマの子だと。」
わくわくさん「それは…。」
ゴロリ「優しい言葉をかけたこともペッタンテープを作ってくれたことも
      哀れんでいただけ。
      上から見下ろして満足していたんでしょ?」
わくわくさん「違う…。」
ゴロリ「自分が上だと…自分は工作人間なんだと。
      そう思ってぼくを笑っていただけなんだろう。」
わくわくさん「それは違うよ…違う…僕は…」
ゴロリ「うるさい! …嫌な工作人間。少しばかり工作が上手いだけなのに、
      たまたま牛乳パックでくねくね人形が作れただけなのに…。
      ぼくの存在なんて、わくわくさんにとっては自分の価値を高めるだけなんだ!」
わくわくさん「違う! 僕はただゴロリと工作ができればと思っただけで…。」
ゴロリ「それがぼくを馬鹿にしているといっているんだ?! ぼくをクラフトマンと認めてくれてなかった!」
わくわくさん「…だって君は! ゴロリみたいな不器用なクマ、工作人間になれるわけがない!


10 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 12:25:10 ID:ToTJA+Kw0
ベジータ「・・・。俺様の事をずっとそう思っていたんだろ。
    ずっと自分より劣る落ちこぼれだと。
    俺様を生き返らせたのも、本気を出して戦わなかったのも
    俺様を哀れんでただけ。上から見下して満足してたんだろう。」
ゴクウ「違えよ、オラは・・・」
ベジータ「自分は上だと。自分は超サイヤ人3なんだと、そう思って
    俺様を笑っていただけなんだろう。」
ゴクウ「それは違う。違うよ。オラは・・・」
ベジータ「黙りやがれ!!少しばかり俺様より強いだけなのに、
    たまたま、超サイヤ人3になれただけなのに。
    俺様の価値なんて、貴様にとっては自分の価値を高めるだけだった!」
ゴクウ「違う。おめえとフュージョンすればブウを倒せると思って・・・」
ベジータ「むかつくヤロウだぜ・・・」


18 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 12:36:11 ID:ZDC8WcXX0
ヤムチャ「…やっぱりそうなんだな。
      俺のこと、ずっとそう思っていたんだろう。
      自分より劣るかわいそうな地球人だと。」
悟空「それは…。」
ヤムチャ「フリーザを倒したこともセルを倒したことも俺を哀れんでいただけ。
      上から見下ろして満足していたんだろう?」
悟空「違う…。」
ヤムチャ「自分が上だと…自分はサイヤ人なんだと。
      そう思って俺を笑っていただけなんだろう。」
悟空「それは違うぞ…違う…オラは…」
ヤムチャ「うるさい! …嫌な戦闘民族。少しばかり強いだけなのに、
      たまたま天下一武闘会で勝っただけなのに…。
      俺の存在なんて、貴様にとっては自分の価値を高めるだけだった!」
悟空「違う! オラはただ地球が救えればと思っただけで…。」
ヤムチャ「それが俺を馬鹿にしているといっているんだよ! 俺を仲間と認めてくれてなかった!」
悟空「…だっておめえは! おめえみてえな弱いヤツ、戦力になるわけがない! 」

11 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 12:27:48 ID:ZDC8WcXX0
ヴァイス 「やっぱり・・・。俺の事をずっとそう思っていたんだな。
       自分より劣るかわいそうな奴だと。 」
デニム  「それは…」
ヴァイス 「いっしょに遊んでくれたのも、手を差し伸べてくれたのも、
       俺を哀れんだだけ。最低な飲んだくれのかわいそうな息子だと。
       上から見下ろして満足していたんだろ!」
デニム  「違う。」
ヴァイス 「自分が上だと、自分は皆から好かれていると。
       自分には美人の姉貴がいると、俺を哀れんで笑っていたんだろう。」
デニム  「それは違うよ!違う! 僕は…」
ヴァイス 「うるさい! 」
ヴァイス 「少しばかり恵まれて、生まれただけのクセに。
       たまたま人のいい神父を親父に持っただけのクセに…」
ヴァイス 「俺の存在なんて、お前にとっては自分をちやほやする周りの一人だった…」
デニム  「違う! 僕らは親友だったじゃないか。
       姉さんだって、君を僕と同じ弟だと思っているよ。」
ヴァイス 「それが嘘だと言っているんだ。カチュアは俺の事なんてどうでもいいと思ってる。
       カチュアが愛しているのはお前だけだッ!」

ヴァイス 「ずっと気に入らなかったんだ  どうしててめぇがリーダーなんだ!
       公爵だって、レオナールだって、当てにしているのは、俺のほうだ!」

14 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 12:32:38 ID:80dW7aKr0
アパム …やっぱりそうなんだ
    僕のこと、ずっとそう思っていたんだろ、敵兵を殺すことも出来ない臆病者だと・・・
ドイツ兵 それは…
アパム スチームボート・ウィリーの話をしたのも、 僕を馬鹿にしていただけ
    上から見下ろして満足していたんだろ?
ドイツ兵 違う…
アパム 自分が上だと…優秀な軍人なんだと
    そう思って僕を笑っていただけなんだろう
ドイツ兵 それは違うよ… 違う… 俺は…
アパム うるさい! …嫌な軍人
    少しばかり射撃が上手いだけなのに
    たまたま生き残れただけなのに…
    僕の存在なんて、君にとっては自分の価値を高めるだけなんだ!
ドイツ兵 違う! 俺はただ君が活躍出来るようにと思って…
アパム それが僕を馬鹿にしているといってるんだ! 
    軍人と認めてくれてなかった!
ドイツ兵  …だって君は! 君みたいな卑怯者、国に帰って小説が書けるわけがない
アパム………………
           「PAM!!」

20 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 12:39:06 ID:0AjugdIu0
クロミ「…やっぱりそうなんだ アタイのこと、ずっとそう思っていたんだろ
     自分より劣るかわいそうな黒頭巾だと 」

マイメロ「ふー…」

クロミ「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
     アタイを哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんだろ」

マイメロ「よっこいしょ」

クロミ「自分が上だと…自分はライオン先輩に愛されていると そう思ってアタイを笑っていただけなんだろ」

マイメロ「ん?」

クロミ「うるさい! …嫌なヌイグルミ。少しばかり風邪をひいただけなのに
     たまたまカキにあたって入院しただけなのに… 
     アタイの存在なんて、あんたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

マイメロ「んしょ、んしょ…」

クロミ「それがアタイを馬鹿にしているといってんだよ! アタイをかくれんぼで置き去りにしやがった!」

マイメロ「…あー紅茶がおいしい」

クロミ「あんたみたいな………って聞いてんのかマイメロ! 」

21 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 12:40:11 ID:ToTJA+Kw0
シンジ「…やっぱりそうなんだ 僕のこと、ずっとそう思っていたんだ
     自分より劣るかわいそうな人だと 」

ミサト「それは…」

シンジ「優しい言葉をかけたことも一緒に生活しているのも
     私を哀れんでいただけなんだ 上から見下ろして満足していたんだ」

ミサト「違う…」

シンジ「自分が上だと…自分は国家公務員だとそう思って僕を笑っていただけなんだ」

ミサト「それは違うわ… 違う… 私は…」

シンジ「うるさい! …嫌な人。少しばかり恵まれてうまれただけなのに  
     僕の存在なんて、ミサトさんにとっては自分の価値を高めるだけなんだ 」

ミサト「違うわ! 私は、一緒にいてくれる仲間がいればいいと…」

シンジ「それが僕を馬鹿にしているといっているんだ! 僕を普通の人間と認めてくれてなかった!」

ミサト「…だってあなたは! 」

シンジ「僕には、エヴァに乗る資格なんてないんだ・・・・ 」

23 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 12:48:33 ID:80dW7aKr0
エヴァーズマン「…やっぱりそうなんだな。
      俺のこと、ずっとそう思っていたんだろう。
      自分より劣るかわいそうなレンジャーだと。」
フート「それは…。」
エヴァーズマン「優しい言葉をかけてくれたことも助けに来たことも俺を哀れんでいただけ。
      上から見下ろして満足していたんだろう?」
フート「違う…。」
エヴァーズマン「自分が上だと…自分はデルタフォースなんだと。
      そう思って俺を笑っていただけなんだろう。」
フート「それは違うぞ…違う…オレは…」
エヴァーズマン「うるさい! …嫌なデルタ。少しばかり強いだけなのに、
      たまたまデルタフォースになれただけなのに…。
      俺の存在なんて、貴様にとっては自分の価値を高めるだけだった!」
フート「違う! オレはただアイディードを拉致できればと思っただけで…。」
エヴァーズマン「それが俺を馬鹿にしているといっているんだよ! 俺を仲間と認めてくれてなかった!」
フート「…だってお前は! おまえみたいな足手まとい、戦力になるわけがない! 」

何この応用範囲の広さwww

25 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 12:55:48 ID:ZDC8WcXX0
のび「やっぱり、僕はやれば出来るんだ」
どら「うそ、だってのび太くんはただの落ちこぼれでしょ?
    いつも0点とって、ぼくの道具に頼るのもそうだからでしょ?」
のび「・・・。僕の事ずっとそう思っていたんでしょ。
    ずっと自分より劣る落ちこぼれだと。
    優しい言葉をかけてくれたのも、便利な道具を出してくれたのも
    僕を哀れんでただけ。上から見下して満足してたんだろう。」
どら「違う。」
のび「自分は上だと。自分は未来から来たロボットなんだと、そう思って
    僕を笑っていただけなんだろう。」
どら「それは違う。違うよ。ぼくは・・・」
のび「うるさい!!少しばかり便利な道具を持っているだけなのに、
    たまたま、未来で作られたロボットなだけなのに。
    僕の価値なんて、君にとっては自分の価値を高めるだけだった!」
どら「違う。僕はすべてのび太君の為に役立てればと思って。」
のびた「嫌なロボット・・・」

26 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 12:57:00 ID:OX5KczmH0
レイン「…やっぱりそうなのね 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     自分より劣るかわいそうな主人公だと 」

ファイン「それは…」

レイン「優しい言葉をかけたこともメイン回をくれたことも
     私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」

ファイン「違う…」

レイン「自分が上だと…自分が真の主役だと そう思って私を笑っていただけなんでしょう」

ファイン 「それは違うよ… 違う… 私は…」

レイン「うるさい! …嫌な女。少しばかり恵まれた設定なだけなのに
     たまたま多く出番があるだけなのに… 
     私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

ファイン「違うよ! 私はせめて、レインの出番がもっと増えるようにと思って…」

レイン 「それが私を馬鹿にしているといっているのよ! 私を同じ双子の姉で主役と認めてくれてなかった!」

ファイン 「…だってレインは! 」

レイン「あなたみたいな妹、主役になれるわけがない! 」


27 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 13:04:47 ID:80dW7aKr0
ボン太君「…ふもふもももも。
      ふもっふもふもふももふも。
      ふもーふももっふもふもももっふ。」
千鳥「それは…。」
ボン太君「ふももふもももふももももふっふふもっもももっふ。
      ふもおふももふふっももふもふもっふ?」
千鳥「違う…。」
ボン太君「ふもおーふもももふもっふももふもももっふ。
      ふももももっふもっふももふふもふもふも。」
千鳥「それは違うわ…違う…私は…」
ボン太君「ふもっふ! …ふももふもも。ふももももふももももも、
      ふもふもふももふもっふももっふ…。
      不ももふっももっふふももふもっふふももっももふもももももももっふ!」
千鳥「違うわ! 私はただ宗介と一緒に暮らせればと思っただけで…。」
ボン太君「不ももももおっふももももっふもふももっふ! むっもふももっふももふもふっ!」
千鳥「…だって宗介は! あんたみたいな戦争オタク、危険なだけなのよ! 」



28 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 13:06:01 ID:NWuwKEJZ0
ソルテッカマン(1号機) …やっぱりそうなんだ
    僕のこと、ずっとそう思っていたんだろ、ラダム獣にも負けるヘボテッカマンだと・・・
ブレード それは…
ソルテッカマン フェルミオン砲の話を持ってきたのも、 僕を哀れんでいただけ
    上から見下ろして満足していたんだろ?
ブレード 違う…
ソルテッカマン 自分が上だと…自分はテッカマンなんだと
    そう思って僕を笑っていただけなんだろう
ブレード それは違うよ… 違う… 私は…
ソルテッカマン うるさい! …嫌なテッカマン
    少しばかり角が付いてるだけなのに
    たまたまグッドデザイン賞がもらえただけなのに…
    僕の存在なんて、貴方にとっては自分の価値を高めるだけなんだ!
ブレード 違う! 私はただ君が活躍出来るようにと思って…
ソルテッカマン それが僕を馬鹿にしているといってるんだ! 
    僕をテッカマンと認めてくれてなかった!
ブレード  …だって君は! 君みたいな下手糞、バルザックにキャラを食われてるじゃない!

30 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 13:18:34 ID:ToTJA+Kw0
原子力発電所 …やっぱりそうなのね
          私のこと、ずっとそう思っていたんでしょ、安全ではない発電方法だと・・・
火力発電所   それは…
原子力発電所 フランスで80%の電力を作っているのも、クリーンな発電と言われてるのも 
          哀れんでいただけ
          石炭を燃やして満足していたんでしょう?
火力発電所   違う・・・
原子力発電所 自分が上だと…自分は安全な発電方法だと
          そう思って私を笑っていただけなんでしょ
火力発電所   それは違うわ!違う、私は・・・
原子力発電所 うるさい! ・・・大気汚染な発電・・・
          少しばかり安全なだけなのに
          たまたま石炭が良く取れるだけなのに…
          私の存在なんて、貴方にとっては自分の価値を高めるだけだった!
火力発電所   それは違うわ!私はただ、放射性廃棄物の処理が大変だと思って・・
原子力発電所 それが私を馬鹿にしているといっているのよ!!! 
          私を発電所と認めてくれなかった!!
火力発電所   …だってプルトニウムは!!
原子力発電所 火力発電なんて方法、長続きするはずがない!!!!!!!!
火力発電所  ・・・・もんじゅ
原子力発電所 ああ?
火力発電所  ・・・ナトリウム漏れの、もんじゅのくせに!!!!!もんじゅ!!!
原子力発電所 !!!!うわあああああああああああ



31 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 13:29:00 ID:dl4Z7ELc0
ノロウィルス
 やっぱりそうなんだ…
 俺のこと、ずっとそう思ってたんだろ、大したことのないウィルスだと…
風邪
 それは…
インフルエンザ
 人々の体調をくずしたことも体力を低下させたのも
 俺を哀れんでいただけ上から見下して満足していたんでしょう
風邪
 それは違う… 違う… 俺は…
ノロウィルス
 うるさい!…嫌なウィルス
 すこしばかり発症率が高いだけなのに
 たまたまくすりが無いだけなのに…
 俺の存在なんて、アンタにとっては自分の価値を高めるだけなんだ!
風邪
 違う! 俺はただ貴方が活躍出来るようにと思って…
ノロウィルス
 それが俺をばかにしてるといっているんだ!
 僕を一人前のウィルスとして認めてくれなかった!
風邪
 …だって貴方は! 貴方みたいな一発屋、手を洗えばすむだけじゃない!

32 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 13:31:24 ID:z50DCId50
あゆ「…やっぱりそうなの 僕のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     自分より劣るかわいそうな娘だって 」

名雪「それは…」

あゆ「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
     僕を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんだ」

名雪「違う…」

あゆ「自分が上だと…自分は祐一君に愛されていると そう思って僕を笑っていただけなんだ」

名雪「それは違うお… 違う… 私は…」

あゆ「うるさい! …嫌な女。少しばかり恵まれてうまれただけなのに  
     僕の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

名雪「違うお! 私はせめて、幸せに暮らせるようにと思って…」

あゆ「それが僕を馬鹿にしているというんだよ!」

名雪「…だってあゆちゃんは! 」
34 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 13:36:45 ID:ONYE0V1e0
?すぐわかるオーベルテューレ?
ステップ1
           ありがとう真紅
              _  .   
             ,'´r==ミ、    ,'~~~え.
            卯,iリノ)))〉   {/´ ̄ヽヽ_
           |l〉l.゚ ー゚ノl   ((从_从)i@《, ほら、ちゃんと歩いて
           |!/'i)卯iつ   ||从゚- ゚ ||/||  できるじゃないの
            ''y /x lヽ   と({'ミ介ミ'})||  きっとお父様もお喜びになるわ
           l†/しソ†|   ≦ノ,ノハヽ、≧
           lノ   レ    て` -tッァ- ' て
ステップ2
                                 _   て
                               ,'´r==ミ、  そ
                              卯,iリノ)))〉
           ┌──┐              |l〉l.゚ ー゚ノl
           i二ニニ二i              |!/'i)卯iつ
           i´ノノノヽ))) /l ∧   y /x lヽ
            Wリ゚ -゚ノリ 〈 |/ノ   l†/しソ†|
            ⊂)_介」つ(0o)    lノ   レ 
             〈__l__〉
             〈_ハ_〉
ステップ3
              _   しぃぃんくぅぅぅ   
             ,'´r==ミ、 
       ,_ _ _   卯,iリノ)))〉 _ _ _         ,'~~~え
     /   `."-|l〉l.゚∀゚ノl/    ヽ       {/´ ̄ヽヽ_,  ジャンクの分際で…
    '"'⌒`~"'" ''|!/'i)卯iつゝ '''"ー"``      ((从_从)i@《,
            ''y /x lヽ・;°バキッ       ||从゚- ゚#|/||
           l†/しソ†| 。           ||(({'ミ介ミ'})||
           lノ   レ             ≦ノ,ノハヽ、≧
                           て` -tッァ- ' て
50 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 14:47:10 ID:Ovl+u1LI0

              _
             ,'´r==ミ、
            卯,iリノ)))〉  なんという第一ドール・・・
           |l〉l.゚ ー゚ノl   支えが無いだけで倒れてしまった
           |!/'i)卯iつ   この子は間違いなくジャンク
            ''y /x lヽ
           l†/しソ†|
           lノ   レ 





                                 _   て
                               ,'´r==ミ、  そ
                              卯,iリノ)))〉
           ┌──┐              |l〉l.゚ ー゚ノl
           i二ニニ二i              |!/'i)卯iつ
           i´ノノノヽ))) /l ∧   y /x lヽ
            Wリ゚ -゚ノリ 〈 |/ノ   l†/しソ†|
            ⊂)_介」つ(0o)    lノ   レ 
             〈__l__〉
             〈_ハ_〉

------------------------------------------------------------------------

関連ネタ なんという良スレ・・・のガイドライン

------------------------------------------------------------------------

37 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 13:42:13 ID:ZDC8WcXX0
http://gareki.ddo.jp/ki/ki/ki_8536.jpg
コミックバーズ目次

「Rozen Maiden」は作者都合のため休載いたします。
なお、表紙の作業工程上、訂正が間に合いませんでした事
ご了承ください。



幻冬社「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     講談社より劣るかわいそうな出版社だと 」

桃種「それは…」

幻冬社「優しい言葉をかけたことも連載を続けてくれたことも
     私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」

桃種「違う…」

幻冬社「自分の方が立場が上だと…自分は読者に愛されていると そう思って私を笑っていただけなんでしょう」

桃種「それは違うわ… 違う… 私達は…」

幻冬社「うるさい! …嫌な女。少しばかり恵まれて売れただけなのに
     たまたま上手くヒットしただけなのに… 
     私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

桃種「違うわ! 私達はせめて、表紙を任されたしゅごキャラだけでも書き上げようと思って…」

幻冬社「それが私を馬鹿にしているといっているのよ! 私の方を優先するべき仕事と認めてくれてなかった!」

桃種「…だってあなたは! 」

幻冬社「あなたみたいな漫画家、売れっ子になれるわけがない! 」

38 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 13:47:48 ID:xoJjG5qD0
R2-D2「…ポパピピポピピポパポピパパピポピピ
     ポパピピポピピポパポピパパピポピピ」

C-3PO「それは…」

R2-D2「ポパピピポピピポパポピパパピポピピ
      ポパピピポピピポパポピパパピポピピ」

C-3PO「違うよ…」

R2-D2「ポパピピポ…ピピポパポピパパピポピピ」
C-3PO「それは違うよ… 違う… ルーク様は…」

R2-D2「ポパピピ! …ポピピポパポピパパピポピピ
     ポパピピポピピポパ…
     ポピパパピポピピ、ポパピピポピピポパポピパパピポピピ」

C-3PO「違うよ! 私はただ、このままジャバの宮殿に行くのは迂闊だと思って…」

R2-D2「ポパピピポピピポパポピパパピポピピ!ポパピピポピピポパポピパパピポピピ」

C-3PO「…だってソロ船長は!」

R2-D2「ポパピピポピピ、ポパポピパパピポピピ!」
44 :転載 :2006/12/27(水) 14:13:36 ID:H9IaiXfO0
麻生「私、やっぱり総理大臣みたい。2ちゃんねらーが認めてくれた」

安倍「うそ、貴方が総理だなんて。だって貴方はまだ自民党総裁じゃないじゃない?
   総裁選で負けた、かわいそうな政治家。総理大臣は究極の政治家、内閣を担う政治家
   貴方は私たちとは違う」

麻生「…やっぱり、私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
   自分より支持率が劣るかわいそうな政治家だと 」

安倍「それは…」

麻生「優しい言葉をかけたこともポストをくれたことも
   私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」

安倍「違う…」

麻生「自分が上だと…自分は国民に支持されていると そう思って私を笑っていただけなんでしょう」

安倍「それは違う… 違う… 私は…」

麻生「うるさい! …嫌な政治家。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
   たまたま上手く作られただけなのに… 
   私の存在なんて、貴方にとっては自分の価値を高めるだけだった 」

安倍「違う! 私はせめて、外務大臣になって仕事をしてくれればと思って…」

麻生「それが私を馬鹿にしているといっているの! 私を総理大臣と認めてくれてなかった!」

安倍「…だって貴方は! 」

麻生「貴方みたいな政治家、総理大臣なわけがない!
   国民が望んでるのは、本当に望んでるのは、麻生内閣! 」

------------------------------------------------------------------------

さすがローゼン閣下の麻生太郎外務大臣

------------------------------------------------------------------------

46 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 14:18:03 ID:ksFNoelr0
L「…やっぱりそうなんですか 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     自分より劣るかわいそうなブサイクだと 」

月「それは…」

L「優しい言葉をかけたこともテニスをしてくれたことも
     私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」

月「違う…」

L「自分の方が立場が上だと…自分は神に愛されていると そう思って私を笑っていただけなんでしょう」

月「それは違う… 違う… 僕は…」

L「うるさい! …嫌な男。少しばかり恵まれて生まれただけなのに
     たまたまイケメンだっただけなのに… 
     私の存在など、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

月「違う! 僕はせめて、竜崎と友達になってあげようと思って…」

L「それが私を馬鹿にしているといっているんです! 私のことを本当の友達認めてくれてなかった!」

月「…だってお前は! 」

L「貴様のような犯罪者が、新世界の神になれるわけがない! 」

48 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 14:25:19 ID:6ExXUgEP0
鍋物「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
   味付けが劣るかわいそうな食べ物だと 」
大関「それは…」
鍋物「塩、味噌、醤油をかけたことも 手をかけてくれたことも
   私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」
大関「違う…」
鍋物「自分が上だと…自分は大関と そう思って私を笑っていただけなんでしょう」
大関「それは違うわ… 違う… 私は…」
鍋物「うるさい! …嫌な力士。少しばかり勝ち星に恵まれただけなのに
   たまたま上手く昇進しただけなのに… 
   私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」
大関「違うわ! 私はせめて、味付けがよくなるようにと思って…」
鍋物「それが私を馬鹿にしているといっているのよ! 私を料理と認めてくれてなかった!」
大関「…だってあなたは! 」
鍋物「あなたみたいな力士、横綱になれるわけがない! 」

大関 「ちゃんこのくせに・・・」
鍋物 「・・・なんですって?」
大関 「作りかけの・・・ ちゃんこのくせに」
鍋物 「!」
大関 「ちゃんこ!!」

49 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 14:39:05 ID:hno5Ei1xO
ミルウーダ「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     自分より劣るかわいそうな人間だと 」

ラムザ「それは…」

ミルウーダ「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
     私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」

ラムザ「違う…」

ミルウーダ「自分が上だと…自分は貴族に愛されていると そう思って私を笑っていただけなんでしょう」

ラムザ「それは違う… 違う… 僕は…」

ミルウーダ「うるさい! …嫌な男。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
     たまたま貴族に生まれただけなのに… 
     私達の存在なんて、あなた達にとっては自分達の価値を高めるだけだった 」

ラムザ「違う! 僕はせめて、平民でも幸せに暮らせるようにと思って…」

ミルウーダ「それが私を馬鹿にしているといっているのよ! 私達を人間と認めてくれてなかった!」

アルガス「家畜に神はいない!」

ディリータ「!!!」

57 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 15:30:08 ID:l+i14oBq0
堀内孝雄「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     自分より劣るかわいそうなシンガーだと 」

谷村新司「このネタ分かるやついるのか」

矢沢透「俺の名前が出てこない件について」

------------------------------------------------------------------------

そっちのアリスか。

------------------------------------------------------------------------

59 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 15:36:02 ID:xICGZYcV0
翠星石「…やっぱりそうですか 翠星石のこと、ずっとそう思っていたですね
     生意気ドールだと 」

ヤスヒロ「それは…」

翠星石「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
     翠星石を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していただけです」

ヤスヒロ「違う…」

翠星石「自分がすごくかっこいいと…自分は幸せ者だなあと そう思って翠星石を見下してたです」

ヤスヒロ「それは違うよ… 違う… 俺は…」

翠星石「黙れですぅ! …嫌な男ですぅ。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
     たまたまかっこよかっただけなのに… 
     翠星石の存在なんて、ヤスヒロにとっては自分の価値を高めるだけだったです」

ヤスヒロ「違う! 俺はせめて、翠星石と幸せに暮らせるようにと思って…」

翠星石「それが翠星石を馬鹿にしているといってるです! と、とにかく!これからは心優しい翠星石のことをもっと敬いやがれです!」

だって。こんな幸せなバレンタインデーは初めてだよ。
俺は幸せ者だなあ!ハッピーバレンタイン!\(^o^)/

------------------------------------------------------------------------

結局幸せ。翠星石にチョコレート貰った\(^o^)/ネタ。

------------------------------------------------------------------------

60 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 15:37:09 ID:mvtClFDz0
ウルトラマン「ジュワワワ?ジュワワワワワ?」

('A`)「…」

ウルトラマン「ジュワ?ジュワワワ、ジュワワワ?」

('A`)「…」

ウルトラマン「ジュワワワワワ ジュワワワワワワ」

('A`)「…」

ウルトラマン「ジュワ! …ジュワワ。ジュワワワワ、ジュワ 」

('A`)「…」

ウルトラマン「ジュワワワ ジュワワワワジュワ!」

('A`)「ジュワワワジュワワ、ジュワジュワジュジュワワワワワ? 」

ウルトラマン「日本語でおk 」

------------------------------------------------------------------------

爆笑。日本語でおkのガイドラインネタ

------------------------------------------------------------------------

65 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 15:46:30 ID:5U5uuSJo0
ティッキー「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょ
     自分より劣るかわいそうなキャディーだって」

ミンティ「それは…」

ティッキー「優しい言葉をかけたことも私を通常雇用にしたことも
     私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょ……」

ミンティ「違うよぉ…」

ティッキー「自分が上だって…自分はお姉ちゃんに愛されていると そう思って私を笑っていただけなんでしょ」

ミンティ「それは違うよ… 違う… 私は…」

ティッキー「うるさい! …嫌な女。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
     たまたまパワー+2もついて作られただけなのに… 
     私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

ミンティ「違うよぉ! 私はせめて、アリンさんのもとで幸せに暮らせるようにと思って…」

ティッキー「それが私を馬鹿にしているといっているの! 私を魔法使いと認めてくれてなかった!」

ミンティ「…だってあなたは! 」

ティッキー「あなたみたいなキャディー、勇者さまの従者になれるわけがない! 」

66 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 15:47:45 ID:CjwlhZHV0
PS3「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
  wiiより劣るかわいそうなゲーム機だと 」

転売屋「それは…」

PS3「『物売るってレベルじゃねえぞ!』って言葉をかけたことも
  私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」

転売屋「違う…」

PS3「wiiが上だと…wiiはユーザーに愛されていると そう思って私を笑っていただけなんでしょう」

転売屋「それは違うわ… 違う… 私は…」

PS3「うるさい! …嫌な業者。少しばかり行列に並んだけなのに
  たまたま上手く買えただけなのに… 
  私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

転売屋「違うわ! 私はせめて、中国人のもとで幸せに暮らせるようにと思って…」

PS3「それが私を馬鹿にしているといっているのよ! 私を次世代機と認めてくれてなかった!」

転売屋「…だってあなたは! 」

PS3「あなたみたいな転売屋、売り抜けれるわけがない! 」

------------------------------------------------------------------------

うまい。物売るっていうレベルじゃねぇぞ!ネタ

------------------------------------------------------------------------

67 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 15:49:45 ID:l+i14oBq0
矢沢透「…やっぱりそうなん 俺のこと、ずっとそう思っていたんだろう
     自分より劣るかわいそうなバンドだと 」

矢沢永吉「それは…」

矢沢透「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
     俺を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんだろ」

矢沢永吉「違う…」

矢沢透「自分が上だと…自分はファンに愛されていると そう思って俺を笑っていただけなんでしょう」

矢沢永吉「それは違うわ… 違う… あんた目立ってへんやん」
68 :転載もの :2006/12/27(水) 16:01:20 ID:frblgFOH0
956 名前: 名無しさん、君に決めた! [sage] 投稿日: 2006/12/27(水) 15:51:01 ID:???
メガニウム「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
      自分たちより劣るかわいそうな草御三家だと 」
フシギバナ「それは…」
メガニウム「優しい言葉をかけたこともダブルバトルで私を補助役に任せてたことも
      私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」
ジュカイン「違う…」
メガニウム「自分たちが上だと…自分たちはトレーナーに愛されていると そう思って私を笑っていただけなんでしょう」
ジュカイン「それは違うぜ 違う 俺は…」
メガニウム「うるさい! …嫌なカエルとトカゲとカメ。少しばかり状態異常技が多いとか
      たまたま素早さが草最速どころか全ポケ中10強のうちだったりとかタイプ一致で地震が使えたりなだけなのに… 
      私の存在なんて、あなた達にとっては自分の価値を高めるだけだった 」
ドダイトス「違うって! 俺達はせめて、お前の性格を考えたら戦いはマズいからトレーナーと幸せに暮らせるようにと思って…」
メガニウム「それが私を馬鹿にしているといっているのよ! 私をメジャーポケと認めてくれてなかった!」
フシギバナ「…だってお前は! 」
メガニウム「あなた達みたいなポケモン、メジャーになれるわけがない! 」
70 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 16:20:50 ID:QRU+Xx1L0
サトシ「…やっぱりそうなんだな 俺のこと、ずっとそう思っていたんだろ
     自分より劣るかわいそうなポケモントレーナーだと 」
シゲル「それは…」
サトシ「ライバルと言ってくれたことも助けてくれたことも
     俺を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんだな」
シゲル「違う…」
サトシ「自分が上だと…自分はエリートだと そう思って俺を笑っていただけなんでしょう」
シゲル「それは違うぞ… 違う… オレは…」
サトシ「うるさい! …嫌な男。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
     たまたまポケモントレーナーに向いていたなのに… 
     俺の存在なんて、お前にとっては自分の価値を高めるだけだった 」
シゲル「違う! オレはせめて、ピカチュウと一緒に幸せに暮らせるようにと思って…」
サトシ「それが俺を馬鹿にしているといっているんだ! 俺をポケモントレーナーと認めてくれてなかった!」
シゲル「…だっておまえは! 」
サトシ「おまえみたいなトレーナー、四天王になれるわけがない! 」
シゲル「劣等生のくせに・・・」
サトシ「・・・なんだって?」
シゲル「マサラタウンの・・・ 劣等生のくせに」
サトシ「!」
シゲル「劣等生!!」

71 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 16:25:47 ID:OYMwsXGt0
ケン「…やっぱりそうか 俺のこと、ずっとそう思っていたんだろう
   自分より劣るかわいそうな格闘家だと 」

リュウ「それは…」

ケン「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
    俺を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんだろう」

リュウ「違う…」

ケン「自分が上だと…自分は剛拳師匠に愛されていると そう思って俺を笑っていただけなんだろう」

リュウ「それは違う… 違う… 俺は…」

ケン 「うるさい! …嫌な男。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
    たまたま上手く作られただけなのに… 
    俺の存在なんて、お前にとっては自分の価値を高めるだけだった 」

リュウ「違う! 俺はせめて、イライザのもとで幸せに暮らせるようにと思って…」

ケン「それが俺を馬鹿にしているといっている! 俺を格闘家と認めてくれてなかった!」

リュウ「…だってお前は! 」

ケン「お前みたいな格闘家、殺意の波動を克服出来るわけがない! 」

72 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 16:37:30 ID:z50DCId50
AMD「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     自分より劣るかわいそうなCPUだと 」

Intel「それは…」

AMD「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
     私を哀れんでいただけ BenchMarkのスコアから見下ろして満足していたんでしょう」

Intel「違う…」

AMD「自分が上だと…自分はユーザーに愛されていると そう思って私を笑っていただけなんでしょう」

Intel「それは違うわ… 違う… 私は…」

AMD「うるさい! …嫌なメーカー。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
     たまたま上手く作られただけなのに… 
     私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

Intel「違うわ! 私はせめて、サーバーのもとで幸せに暮らせるようにと思って…」

AMD「それが私を馬鹿にしているといっているのよ! 私をCPUメーカーと認めてくれてなかった!」

Intel「…だってあなたは! 」


73 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 16:42:56 ID:z50DCId50
韓国「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     自分より劣るかわいそうな国だと 」

日本「それは…」

韓国「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
     私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」

日本「違う…」

韓国「自分が上だと…自分は世界から愛されていると そう思って私を笑っていただけなんでしょう」

日本「それは違うわ… 違う… 私は…」

韓国「うるさい! …嫌な国。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
     たまたま技術力があっただけなのに… 
     私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

日本「違うわ! 私はせめて、中国のもとで幸せに暮らせるようにと思って…」

韓国「それが私を馬鹿にしているといっているのよ! 私を国連加盟国と認めてくれてなかった!」

日本「…だってあなたは! 」

74 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 16:44:46 ID:y1kjJvn10
そんな事より1よ、ちょいと聞いてくれよ。スレとあんま関係ないけどさ。
このあいだ、近所の吉野家行ったんです。吉野家。
そしたらなんか隣の親子連れと口論になったんです。

パパ「…やっぱりそうなのか 私たち家族のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     自分より劣るかわいそうな客だと 」

常連「それは…」

パパ「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
     私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」

常連「違う…」

パパ「自分が上だと…自分は吉野家に愛されていると そう思って私たちを笑っていただけなんでしょう」

常連「それは違う… 違う… 俺は…」

パパ「うるさい! …嫌な男。少しばかり吉野家に詳しいってだけなのに
     たまたま何度も足を運んでいただけなのに…
     私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

常連「違う! 俺はせめて、吉野家で美味しく食べられるようにと思って…」

パパ「それが私たちを馬鹿にしているといっているのよ! 私たちを吉野家の客と認めてくれてなかった!」

常連「…だってあなたたちは! 」

パパ「あなたみたいな客、吉野家通になれるわけがない! 」

常連「まあお前、1は、牛鮭定食でも食ってなさいってこった」

------------------------------------------------------------------------

さすが常連。吉野家コピペのガイドラインネタ

------------------------------------------------------------------------

75 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 16:51:58 ID:z50DCId50
Radeon「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     自分より劣るかわいそうなGPUだと 」

GeForce「それは…」

Radeon「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
     私を哀れんでいただけ 3DMark05のスコアから見下ろして満足していたんでしょう」

GeForce「違う…」

Radeon「自分が上だと…自分はユーザーに愛されていると そう思って私を笑っていただけなんでしょう」

GeForce「それは違うわ… 違う… 私は…」

Radeon「うるさい! …嫌なメーカー。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
     たまたま上手く作られただけなのに… 
     私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

GeForce「違うわ! 私はせめて、オンチップとして幸せに暮らせるようにと思って…」

Radeon「それが私を馬鹿にしているといっているのよ! 私をGPUメーカーと認めてくれてなかった!」

GeForce「…だってあなたは! 」

76 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 16:56:27 ID:sG86r5+f0
橘「…やっぱりそうなんですね 僕のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     自分より劣る、かわいそうなアルター使いだって 」

カズマ「それは…」

橘「ともに一緒に戦ったことも、一緒に行動するようになったことも
     僕を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」

カズマ「違う…」

橘「自分が上だと…自分はA級アルター使いだ、そう思って僕を笑っていただけなんでしょう」

カズマ「それは違う… 違う… 俺は…」

橘「うるさい! …嫌な男だ。少しばかり恵まれたアルター能力なだけなのに
     たまたまシェルブリットを上手く使えるだけなのに… 
     僕の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

カズマ「違う! 俺はせめて、ロストグラウンドで社長として幸せに暮らせるようにと思って…」

橘「それが僕を馬鹿にしているといっているんだ!僕のエタニティーエイトの力を認めてくれてなかった!」

カズマ「…だってお前は! 僕の玉は縦横無尽・変幻自在・絶対無敵です!!
     なんて恥ずかしげも無く言える奴 、絶対まともなわけがない! 」

77 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 16:58:24 ID:QRU+Xx1L0
マッカーサー「…やっぱりそうなんだな 私のこと、ずっとそう思っていたんだろ
     自分より劣るかわいそうな元帥だと 」
アイゼンハワー「それは…」
マッカーサー「主任補佐武官をしてくれたことも窮地から救ってくれたことも
     俺を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していただけなんだな」
アイゼンハワー「違う…」
マッカーサー「自分が上だと…自分は勇敢で優秀だと そう思って私を笑っていただけなんだ」
アイゼンハワー「それは違います… 違う… 自分は…」
マッカーサー「うるさい黙れ! …嫌な男。少しばかり勇敢にうまれただけなのに
     たまたま大統領に向いていたなのに… 
     俺の存在なんて、お前にとっては自分の価値を高めるだけだった 」
アイゼンハワー「違う! 自分は祖国を、アメリカを守れるようにと思って…」
マッカーサー「それが俺を馬鹿にしているといっているんだ! 俺を元帥として認めてくれてなかった!」
アイゼンハワー「…だって貴方は! 」
マッカーサー「おまえみたいな人間、大統領になれるわけがない! 」
アイゼンハワー「臆病者のくせに・・・」
マッカーサー「・・・なんだっと?」
アイゼンハワー「マザコンの・・・ 臆病者のくせに」
マッカーサー「!」
アイゼンハワー「臆病者!!」
79 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 17:26:53 ID:QRU+Xx1L0
イクラ「…バァブ バブバブ?、チャーン
     ばぶばぁーぶ 」
タラオ「それは…」
イクラ「チャーンバブバブバーブ ?
     バブバブバーブ バ?ブバブバブチャーン」
タラオ「違うですぅ…」
イクラ「バ?ブバブ…バブチャーン チャーンバブーバブバブー」
タラオ「それは違うですぅ… 違うですよイクラちゃん… ぼくは…」
イクラ「バブゥー! …チャーン。バブーバブバブー
     バブーバブバブーバブー… 
     チャーバブー、バブバブチャーンバブー 」
タラオ「違うますよ ぼくはイクラちゃんと、あそびたかっただけですよ…」
マッカーサー「バブチャーンバブバブアブー! チャーンバブバブバーブバブー!」
タラオ「…だってイクラちゃんは! 」
イクラ「チャーンバブー、バブバブチャーン! 」
タラオ「赤ちゃんのくせに・・・」
イクラ「・・・バブー?」
タラオ「生まれたての・・・ 赤ちゃんのくせに」
イクラ「!」
タラオ「赤ちゃん!!」
82 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 17:31:18 ID:0AjugdIu0
水銀燈「…ャッバディゾルナド ワタジドゴドゥ、ヅッドゥゾルオボッデイタンディヂョル
     ヂムンヨディオドゥヅカワイゾルナド-ヅダドゥ 」

真紅「ゾリバ…」

水銀燈「ャザァジイゴドゥャーオ゙カゲタゴドゥボデオ゙カゲデグリタゴドゥボ
     ワタジオ゙ア゙ワリンディイタダゲ ルエカラヴィオドジデバンドグジデイタンディヂョル」

真紅「ディガル…」

水銀燈「ヂムンガルエダドゥ…ヂムンバオドゥルザァバルア゙イザァリデイヅドゥ ゾルオボッデワタジオ゙ワラッデイタダゲナンディヂョル」

真紅「ゾリバディガルワ… ディガル… ワタジバ…」

水銀燈「ルヅザァイ! …イャナオンナ。スゴジャーカディベグバリデルバリタダゲナドル
     タバタバルバグヅグラリタダゲナドル…
     ワタジドゾンザイナンデ、ア゙ナタルドゥッデバヂムンドカディオ゙タカベヅダゲダッタ」

真紅「ディガルワ! ワタジバゼベデ、ザァラドボドゥディジア゙ワゼルグラゼヅヨルルドゥオボッデ…」

水銀燈「ゾリガワタジオ゙ャーカルジデイヅドゥイッデイヅドヨ! ワタジオ゙ド-デンベイディンドゥヴィドゥベデグリデナカッタ!」

真紅「…ダッデア゙ナタバ! 」

水銀燈「ア゙ナタヴィタイナド-ヅ、ア゙ディスルナリヅワゲガナイ!」

------------------------------------------------------------------------

雰囲気変わりすぎ。オンドゥル語ネタ。

------------------------------------------------------------------------

91 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 18:28:06 ID:u/h+atxy0
歩「…やっぱりそうなの 俺のこと、ずっとそう思っていたんだろう
     自分より劣るかわいそうな駒だと 」
飛車「それは…」
歩「俺を守ってくれたことも後ろ盾になってくれたことも
   俺を哀れんでいただけ・・後ろから見下ろして満足していたんだろう」
飛車「違う…」
歩「自分が上だと…自分は棋士に愛されていると そう思って俺を笑っていただけなんだろう」
飛車「それは違うよ… 違う… 俺は…」
歩「うるさい! …嫌な駒。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
  たまたま飛車に作られただけなのに… 
  俺の存在なんて、お前にとっては自分の価値を高めるだけだった 」
飛車「違う! 僕はせめて、無駄死にはさせないようにと思って…」
歩「それが俺を馬鹿にしているといっているんだ! 俺を戦力と認めてくれてなかった!」
飛車「…だって君は! 」
歩「お前みたいな駒、敵陣に成れるわけがない! 」
飛車「捨駒のくせに・・・」
歩「・・・なんだって?」
飛車「盾にしかならない・・・ 捨駒のくせに」
歩「!」
飛車「捨駒!!」
93 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 18:45:45 ID:grCuIrlPO
俺「…やっぱりな 俺のこと、ずっとそう思ってたんだろ
  いつまで引き籠もってるつもりなんだと」
親「それは…」
俺「気にしてないフリしてたことも余裕があるフリしてたことも
  俺がいつかは就職すると考えていただけ 他人事だと思って楽観視してたんだろ」
親「違う…」
俺「自分の息子は大丈夫だと…自分の息子はニートなんかじゃないと
  そう自分に言い聞かせて俺を養ってただけなんだろ」
親「それは違う… 違う… 私達は…」
俺「うるさい! …嫌な奴らだ。少しばかりうまく就職できただけなのに
  たまたま景気が良かっただけなのに…
  俺の存在なんて、お前らにとってはただのお荷物だった」
親「違う! 私達はせめて、就職できるまで安心して暮らせるようにと思って…」
俺「それが俺を馬鹿にしているっていってんだよ! 俺を腫物を触るような扱いしやがって!」
親「…だってあなたは! 」
俺「お前らみたいな人間、幸せになんかなれるわけがない!」


親「疫病神のくせに・・・」

俺「・・・なんだと?」
親「引き籠もりの・・・ ニートのくせに」
俺「!」
親「このクズ!!親不孝!!寄生虫!!」
俺「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

94 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 18:49:31 ID:9RfTwucX0
門松二佐「…やっぱりそうなんだな 俺達のこと、ずっとそう思っていたんでだろ
     自分より劣るかわいそうな船乗りだと 」

草加少佐「それは…」

門松二佐「燃料を補給してくれたことも連合艦隊に直談判してくれたことも
     俺達を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんだろ」

草加少佐「違う…」

門松二佐「帝国海軍が上だと…自分達は外国に先制攻撃できると そう思って海上自衛隊を笑っていただけなんだろう」

草加少佐「それは違う… 違う… 私は…」

門松二佐「うるさい! …嫌な軍人。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
     たまたま専守防衛の概念が無かっただけなのに… 
     俺達の存在なんて、あんたにとっては戦後の国家の矛盾を見極めるだけだった 」

草加少佐「違う! 私はせめて、日本海軍軍人として国防の任を果たせるようにと思って…」

門松二佐「それが海上自衛隊を馬鹿にしているといっているのだ! 俺達を防衛組織と認めてくれてなかった!」

草加少佐「…だってあなた達は! 」

門松二佐「あんたみたいな少佐、理想の国家など造れるわけがない! 」

95 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 18:53:57 ID:mvtClFDz0
俺「早稲田のくせに・・・」

親戚「・・・なんですって?」

俺「早稲田の・・・ センター利用のくせに」

親戚「!」


親戚「!!うおおおお!!!!!」

(鐘の音)

専門卒「いつの時代でも下には下がいる・・・」

俺「!」

専門卒「受験戦争は治まり、大学全入の時代に・・・」

親戚「何を言っているの? うっ!」

(二人は面接で落とされる)

親戚「!!」

俺「くっ・・・」

------------------------------------------------------------------------

もうらめえ 
おいらっち早稲田なんやけど?wのガイドラインネタ

------------------------------------------------------------------------

97 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 18:56:49 ID:016ggEKB0
朝倉「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
    自分より劣るかわいそうな端末だと」
長門「それは…」
朝倉「涼宮ハルヒと同じクラスにさせたことも手をかけさせてくれたことも
    私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」
長門「違う…」
朝倉「自分が上だと…自分は作者に愛されていると
    そう思って私を笑っていただけなんでしょう」
長門「それは違う… 違う… 私は…」
朝倉「うるさい! …嫌な女。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
    たまたま上手く作られただけなのに…
    私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」
長門「違う。私はせめて、改変された世界で(私が)幸せに暮らせるようにと思って…」
朝倉「それが私を馬鹿にしているといっているのよ!
    私をTFEIと認めてくれてなかった!」
長門「…だってあなたは」
朝倉「あなたみたいな端末、キョン君に好きになってもらえるわけがない!」
長門「ジャンクのくせに・・・」
朝倉「・・・なんですって?」
長門「作りかけの・・・ ジャンクのくせにw」
朝倉「!」
長門「ジャンク(プ」
朝倉「!!うおおおお!!! 長門ぉ!!」
(鐘の音)
喜緑「何事にも潮時はあるというもの・・・」
長門「江美里」
喜緑「攻性情報をあらかじめ侵入させていた長門さんが情報連結を解除
    今回のあなたの出番は終了しました。お楽しみは第2期に・・・」
朝倉「何を言っているの? うっ!」
(朝倉が指先から消滅してゆく)
朝倉「長門!!」
長門「・・・m9(^Д^)プギャー」
101 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 19:10:55 ID:/PeWHK1i0
ドラ …やっぱりそうなんだ
    僕のこと、ずっとそう思っていたんだろ、できのわるいロボットだと・・・
ドラミ それは…
ドラ  未来からサポートにきたのも、 僕を哀れんでいただけ
    上から見下ろして満足していたんだろ?
ドラミ 違う…
ドラ  自分が上だと…自分は兄より優秀なロボットなんだと
    そう思って僕を笑っていただけなんだろう
ドラミ それは違うわ… 違う… 私は…
ドラ  うるさい! …嫌な妹ロボット
    少しばかり要領が上手いだけなのに
    たまたまうまく創ってもらえたただけなのに…
    僕の存在なんて、ドラミにとっては自分の価値を高めるだけなんだ!
ドラミ  違う! 私はただお兄ちゃんの役に立とうと思って…
ドラ  それが僕を馬鹿にしているといってるんだ! 
    僕を一人前のロボットと認めてくれてなかった!
ドラミ  …ジャンクのくせに…
ドラ   !!!!
ドラミ 耳部品の欠損した故障品のくせに!
ドラ  ドラミィィィィィィィ
103 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 19:36:22 ID:ksFNoelr0
メロ「…やっぱりそうなんだな 俺のこと、ずっとそう思っていたんだろう
     自分より劣るかわいそうな二番目だと 」
ニア「それは…」
メロ「引きこもってパズルばかりやりながら俺を哀れんでいただけ
     上から見下ろして満足してたんだろ」
ニア「違う…」
メロ「自分が上だと…自分はLに愛されていると そう思って俺を笑っていただけなんだろう」
ニア「それは違います… 違う… 私は…」
メロ「うるさい! …嫌な奴。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
     たまたまちょっと頭がいいだけなのに… 
     俺の存在なんて、お前にとっては自分の価値を高めるだけだった 」
ニア「違います。 私はせめて、あなたがキラ逮捕に関われるようにと思って…」
メロ「それが俺を馬鹿にしているといってるんだ! 俺をL候補と認めてくれてなかった!」
ニア「…だってあなたは! 」
メロ「お前みたいな奴、Lの後継者になれるわけがない! 」

ニア「三番目のくせに・・・」
メロ「・・・なんだと?」
ニア「L、私、そしてあなた・・・ 二番目なんかじゃない、三番目」
メロ「!」
ニア「三番目!!」
メロ「!!うおおおお!!! ニアぁ!!」
106 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 19:46:55 ID:YXKpxO3f0
ウルトラマグナス「…やっぱりそうか。私のこと、ずっとそう思っていたんだろう。
         司令官より格下の可哀想なシティコマンダーだと」
ロディマスコンボイ「それは…」
マグナス「優しい言葉をかけたことも副官にしてくれたことも、私を哀れんでいただけ。
     上から見下ろして満足していたんだろう」
ロディマス「違う…」
マグナス「自分が上だと…。自分はマトリクスに選ばれていると。そう思って私を笑っていただけなんだろう」
ロディマス「それは違う…。違う…、私は…」
マグナス「うるさい! …嫌なTF。少しばかり恵まれて生まれただけなのに。たまたま顔がプライマスに似ていただけなのに…。
     私の存在なんて、お前にとっては自分の価値を高めるだけだった」
ロディマス「違う! 私はせめて、フォートレスのもとで副官を続けられるようにと思って…」
マグナス「それが私を馬鹿にしていると言っているんだ! 私をコンボイの後継者と認めてくれてなかった!」
ロディマス「…だってあなたは! 」
マグナス「お前みたいなひよっ子、司令官が務まるわけがない!」

107 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 19:52:11 ID:9E7TiWgb0
フェイト「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     自分より劣るかわいそうな魔導師だと 」

なのは「それは…」

フェイト「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
     私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」

なのは「違う…」

フェイト「自分が上だと…自分は優秀な魔導師 そう思って私を笑っていただけなんでしょう」

なのは「それは違うわ… 違う… 私は…」

フェイト「うるさい! …嫌な女。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
     たまたま魔力が強いだけなのに… 
     私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

なのは「違うよ! 私はせめて、リンディさんのもとで幸せに暮らせるようにと思って…」

フェイト「それが私を馬鹿にしているといっているのよ! 私をライバルと認めてくれてなかった!」

なのは「…だってフェイトちゃんは! 」

フェイト「『フェイトちゃんみたいな魔導師、時空管理局執務官になれるわけがない!』」

161 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 09:16:54 ID:PxRKsLb/0
>>107をすこし変えて
ユーノ「…やっぱりそうなんだ、僕のことずっとそう思っていたんだろう
     自分より劣るかわいそうな魔導師だと 」
なのは「それは…」
ユーノ「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
     僕を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんだろう」
なのは「違う…」
ユーノ「自分が上だと…自分は優秀な魔導師 そう思って僕を笑っていただけなんだろう」
なのは「それは違うよ… 違う… 私は…」
ユーノ「うるさい! …嫌な女。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
     たまたま魔力が強いだけなのに… 
     僕の存在なんて、なのはにとっては自分の価値を高めるだけだった 」
なのは「違うよ! 私は魔法少女に小動物のお供は不可欠だと言っただけで…」
ユーノ「それが僕を馬鹿にしているといっているんだ!まだ 僕を人間と認めてくれてなかった!」
なのは「…だってユーノ君は! 」
ユーノ「なのはみたいな魔導師、時空管理局教官になれるわけがない!」
リンディ「…小動物に変身して管理局の女子寮に侵入しようとして捕まったいいわけがそれだというのね
     厳重処分を下すから覚悟していなさい 」
フェイト「ユーノのバカ…」
108 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 19:54:25 ID:GMA8sNeR0
ペリー「…やっぱりそうなの ペリーのこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     自分より劣るかわいそうな南蛮人だと 」
将軍「それは…」
ペリー「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
     私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」
将軍「違う…」
ペリー「自分が上だと…自分は天皇に愛されていると そう思って私を笑っていただけなんでしょう」
将軍「それは違う… 違う… 余は…」
ペリー「うるさい! …嫌な徳川。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
     たまたま上手く鎖国しただけなのに… 
     私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」
将軍「違う! 余はせめて、出島で貿易を出来るようにと思って…」
ペリー「それが私を馬鹿にしているといっているのよ! 開国を認めてくれてなかった!」
将軍「…しかしお主は! 」
ペリー「あなたみたいな将軍、文明開化できるわけがない! 」
112 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 20:59:34 ID:r+yGHUV90
バトラ「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
    自分より劣るかわいそうな幼虫だと 」
モスラ「それは…」
バトラ「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
    私を哀れんでいただけ 糸吐いて満足していたんでしょう」
モスラ「違う…」
バトラ「自分が上だと…自分は小美人に愛されていると そう思って私を笑っていただけなんでしょう」
モスラ「それは違うわ… 違う… 私は…」
バトラ「うるさい! …嫌な幼虫。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
    たまたま可愛く作られただけなのに… 
    私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」
モスラ「違うわ! 私はせめて、ゴジラのもとで幸せに暮らせるようにと思って…」
バトラ「それが私を馬鹿にしているといっているのよ! 私を正義の味方と認めてくれてなかった!」
モスラ「…だってあなたは! 」
バトラ「あなたみたいな幼虫、成虫になれるわけがない! 」

113 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 21:18:30 ID:5r8tFiIz0
デュエルAS「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     自分より劣るかわいそうなモビルスーツだと 」
生デュエル「それは…」
デュエルAS「特殊な装備をくれたことも、中コストにしてくれたことも
     私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」
生デュエル「違う…」
デュエルAS「自分が上だと…自分はプレイヤーに愛されていると そう思って私を笑っていただけなんでしょう」
生デュエル「それは違うわ… 違う… 私は…」
デュエルAS「うるさい!! …嫌なモビルスーツ。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
     たまたま強く作られただけなのに… 
     私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった …!」
生デュエル「違うわ! 私はせめて、厨機体と言われないように幸せに暮らせるようにと思って…」
デュエルAS「それが私を馬鹿にしていると言っているのよ! 私をガチ機体と認めてくれてなかった!」
生デュエル「…だってあなたは! 」
デュエルAS「あなたみたいな特徴の無いモビルスーツ、大会で活躍できるわけがないっ!!」
生デュエル「……………ネタ機体」
デュエルAS「え…?」
生デュエル「…連勝出来ないネタ機体のくせに!!!!」
デュエルAS「……!!!!」

115 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 21:27:20 ID:fMiJoXd90
バイキン「…やっぱりそうなんだな 俺様のこと、ずっとそう思っていたんだろう
     自分より劣るかわいそうな菌類だと 」
アンパン「それは…」
バイキン「毎回ピンチに陥っていたことも止めを刺さなかったことも
     俺様を哀れんでいただけなんだ 上から見下ろして満足していたんだろう」
アンパン「違う…」
バイキン「みんなが大好きだと…主役だから負けはないと そう思って俺様を笑っていただけなんだろう」
アンパン「それは違うよ… 違う… 僕は…」
バイキン「うるさい! …嫌な奴。少しばかり頭に餡子が入ってるだけなのに
     たまたま美味しく作られただけなのに… 
     俺様の存在なんて、お前にとっては自分の人気を高めるだけだった 」
アンパン「違うよ! 僕はせめて、みんなで仲良く暮らせる世界にしたいと思って…」
バイキン「それが俺様を馬鹿にしているといっているんだ! 俺様を仲間だと認めてくれてなかった!」
アンパン「…だって君は! 」
バイキン「貴様みたいな偽善者、ヒーローになれるわけがない! 」
アンパン「バイキンのくせに・・・」
バイキン「・・・なんだと?」
アンパン「汚らしい・・・ バイキンのくせに」
バイキン「!」
アンパン「ボツリヌス!!」
バイキン「!!うおおおお!!! アンパンマンッッ!!」
(頭の潰れる音)
バタコ「アンパンマン!」
アンパン「バタコさん!」
バタコ「カレーパンマン・食パンマンがやられて、アンパンマンも新しい頭を装着
      この話での勝負は決しました。
      お楽しみは次の話に・・・」
バイキン「何を言っている? うっ!」
(バイキンマンが殴り飛ばされる)
バイキン「バイバイキーン!!」
アンパン「・・・」
117 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 21:41:32 ID:hX0YO3Vm0
ジェロニモ「…やっぱりそうなのか オラのことを、ずっとそう思っていたのか
       自分より劣る超人だと 」
テリーマン「それは…」
ジェロ「オラを超人に生まれ変われさせて ニューマシンガンズを結成したのも
     オラを哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんだ」
テリー「違う…」
ジェロ「自分が上だと…自分はキン肉マンというパートナーがいる そう思ってオラを笑っていただけなんだろう」
テリー「それは違う… 違う… オレは…」
ジェロ「うるさい! …アンタは嫌な超人だ。オラより超人歴が長いだけなのに
     たまたま相手が悪すぎただけなのに… 
     オラの存在なんて、アンタにとっては自分の価値を高めるだけだった 」
テリー「違う! オレは本当に、一度死にかけたお前を蘇らせようと…」
ジェロ「それがオラを馬鹿にしているってことズラ! オラは結局パートナーじゃなかった!」
テリー「…お前は…! 」
ジェロ「アンタみたいな超人は、一生扱い悪くなってしまえばいいんだ! 」

119 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 22:04:08 ID:MlIpTYEv0
太陽「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     自分より劣るかわいそうな恒星だと 」

デネブ「それは…」

太陽「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
     私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」

デネブ「違う…」

太陽「自分が上だと…自分は天文学者に愛されていると そう思って私を笑っていただけなんでしょう」

デネブ「それは違うわ… 違う… 私は…」

太陽「うるさい! …嫌な恒星。少しばかり質量が大きくうまれただけなのに
     たまたま上手く作られただけなのに… 
     私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

デネブ「違うわ! 私はせめて、太陽系の中心として幸せに暮らせるようにと思って…」

太陽「それが私を馬鹿にしているといっているのよ! 私を白色超巨星と認めてくれてなかった!」

デネブ「…だってあなたは! 」

太陽「あなたみたいな恒星、ブラックホールになれるわけがない! 」

------------------------------------------------------------------------

見下ろしすぎ。太陽デカスギワロタのガイドラインネタ。

------------------------------------------------------------------------

120 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 22:26:57 ID:j/qKx7Yi0
スネーク …やっぱりそうだったのか
    俺のこと、ずっとそう思っていたんだろ 命令に従う英雄の兵士・・愛国者だと・・・
ロイ・キャンベル それは…
スネーク 敵基地から脱走するために牢屋の中の排気口を教えたのも、 俺を馬鹿にしていただけで
    上から見下ろして満足していたんだろ?
ロイ・キャンベル 違う…
スネーク 自分が上だと…優秀な軍人なんだと
    そう思って俺を笑っていただけなんだろう?
ロイ・キャンベル それは違うよ… 違う… 俺は…
スネーク うるさい! お前の話など聞きたくない!…嫌な軍人だ
    少しばかり射撃が上手いだけなのに
    たまたま生き残れただけなのに…
    俺の存在なんて、ロイ・キャンベルにとっては自分の価値を高めるだけなんだ!
ロイ・キャンベル 違う! 俺はただスネークが助かるようにと思って…
スネーク  それが俺を馬鹿にしていると言ってるんだ!! 
     俺を利用して英雄の兵士だと思っていなかった!
ロイ・キャンベル  …だって君は! お前みたいな卑怯者、国に帰れるわけがない
スネーク………………
           「PAM!!」


121 :煤板ローゼンスレ :2006/12/27(水) 22:34:45 ID:ux1Q20yQ0
暖冬「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     寒い冬より劣る来て欲しくない冬だと 」
スキーヤボーダ「それは…」
暖冬「厳しい言葉をかけたことも手をふってワッフルしたことも
     私を疎んでいただけ 天気予報を見て不満足だったんでしょう」
スキーヤボーダ「違くない…」
暖冬「寒い冬が上だと…寒い冬は自分達に愛されていると そう思って私を嫌っていただけなんでしょう」
スキーヤボーダ「それは違わないわ… 違わない… 私は…」
暖冬「うるさい! …嫌なシーズン。少しばかり寒気に恵まれないでうまれただけなのに
     たまたまエルニーニョが発生しただけなのに… 
     私の存在なんて、あなたにとっては雪の価値を高めるだけだった 」
スキーヤボーダ「違くないわ! 私はせめて、深雪のうえで幸せに滑れるようにと思って…」
暖冬「それが私を邪険にしているといっているのよ! 私を冬と認めてくれてなかった!」
スキーヤボーダ「…だってあなたは! 」
暖冬「あなたみたいな寒い冬好き、薄着になれるわけがない! 」

122 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 22:44:57 ID:j/qKx7Yi0
メイメイ「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     自分より劣るかわいそうな精霊だと 」

ホーリエ「それは…」

メイメイ「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
     私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」

ホーリエ「違う…」

メイメイ「自分が上だと…自分はドールに愛されていると そう思って私を笑っていただけなんでしょう?」

ホーリエ「それは違うわ… 違う… 私は…」

メイメイ「うるさい! …嫌な精霊。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
     たまたま上手く作られただけなのに… 
     私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

ホーリエ「違うわ! 私はせめて、ドールのもとで幸せに暮らせるようにと思って…」

メイメイ「それが私を馬鹿にしているといっているのよ! 私を精霊と認めてくれてなかった!」

ホーリエ「…だってあなたは! 」

メイメイ「あなたみたいな精霊、ドールに従えるわけがない! 」


124 :水先案名無い人:2006/12/27(水) 22:52:34 ID:a2DoOQbq0
中村「…やっぱりそうなんか。俺のこと、ずっとそう思っていたんだろう
    自分より劣るかわいそうな選手だと 」

清原「それは…」

中村「優しい言葉をかけたことも4番に推薦してくれたことも
    俺を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」

清原「違う…」

中村「自分が上だと…自分は球団に愛されていると そう思って私を笑っていただけなんでしょう」

清原「それはちゃうわ… ちゃう… ワイは…」

中村「うるさい! …嫌な男。少しばかり巨人にいただけなのに
   たまたま恵まれた環境にいただけなのに… 
   俺の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

清原「ちゃうう! ワイはせめて、オリックスのもとで幸せにプレーできるようにと思って…」

中村「それが俺を馬鹿にしているといっとるんや! 俺をスターと認めてくれてなかった!」

清原「…だってお前は!(ファンのためやのうて自分のためにやっとるだけやん) 」

中村「お前みたいな選手、スターになれるわけがない! 」
132 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 00:08:35 ID:4kLMEmoa0
0001「…やっぱりそうなんだ  おれたちのこと ずっとそうおもってたんだな
     しすべき うんめいをせおった ちっぽけなそんざいだと」

かみ「そう!そのとうり!」

0001「アシュラをよびだしたのも へいわをみだしたのも
    せかいにあきあきしていただけ てっぺんから みおろしていたんだろ」

かみ「なかなか りかいが はやい」

0001「そうだいなストーリーの ゲームだと…なにもかもじぶんがかいたすじがきだと 
    そうおもっておれたちをわらっていたんだろ」

かみ「わたしは このかんどうを あたえてくれた きみたちにおれいがしたい!
    どんなのぞみでもかなえてあげましょう!」

0001「うるさい!…いやなかみ…おまえのために ここまできたんじゃないのに
     よくも おれたちを みんなをおもちゃにしてくれたな…
     おれたちのそんざいなんて おまえにとっては たいくつしのぎのどうぐだった!」

かみ「それが どうかしましたか?すべては わたしがつくったモノなのです」

0001「それがおれたちをばかにしているといってるんだ!おれたちはモノじゃない!」

かみ「かみに ケンカをうるとは‥‥どこまでも たのしい ひとたちだ!」

0001「おまえみたいなかみ チェーンソーにかてるわけがない!」

------------------------------------------------------------------------

やはり最後はチェーンソー。かみのガイドラインネタ

------------------------------------------------------------------------

135 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 00:18:39 ID:z28tbz0f0
栞「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     儚いか弱い子だと 」

香里「それは…」

栞「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
     私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」

香里「違う…」

栞「自分が上だと…自分は皆に愛されていると そう思って私を笑っていただけなんでしょう」

香里「それは違うわ… 違う… 私は…」

栞「うるさい! …嫌な女。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
     たまたま健康なだけなのに… 
     私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

香里「違うわ! 私はせめて、幸せに暮らせるようにと思って…」

栞「それが私を馬鹿にしているといっているのよ! 私を妹と認めてくれてなかった!」

香里「…だってあなたは! 」
137 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 00:20:58 ID:z28tbz0f0
舞「…やっぱりそう 私のこと、ずっとそう思っていたんだ
     剣を振り回す可哀想な子だと 」

佐祐理「それは…」

舞「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
     私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんだ」

佐祐理「違う…」

栞「自分が上だと…自分は皆に愛されていると そう思って私を笑っていただけ・・・」

佐祐理「それは違うよ… 違う… 佐祐理は…」

舞「うるさい! …嫌な女。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
     たまたま幸せなだけなのに… 
     私の存在なんて、佐祐理にとっては自分の価値を高めるだけだった」

佐祐理「違うよ! 佐祐理はせめて、みんな幸せに暮らせるようにと思って…」

舞「それが私を馬鹿にしている! 私を親友と認めてくれてなかった!」

佐祐理「…だって舞は!」



138 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 00:21:56 ID:zIS2hvz80
クジンシー「…やっぱりそうか オレのこと、ずっとそう思っていたんだろう
        自分より劣るかわいそうな七英雄だと 」

ワグナス「それは…」

クジンシー「嫌われものに誘いの言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
        オレを哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんだろう」

ワグナス「違う…」

クジンシー「自分が上だと…自分は皆に信頼されていると そう思ってオレを笑っていただけなんだろう」

ワグナス「それは違う… 違う… 私は…」

クジンシー「うるさい! …嫌な奴。少しばかり人望があっただけなのに
       たまたま上手く同化の法を生み出しただけなのに… 
       オレの存在なんて、おまえにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

ワグナス「違う! 私はせめて、嫌われもののお前が皆に認められるようにと思って…」

クジンシー「それがオレを馬鹿にしているといっているのだ! 結局誰もオレを認めてくれなくなった!」

ワグナス「…だってあなたは! 」

クジンシー「おまえももはや化け物、やはり民衆の英雄でいれるわけがない! 」


139 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 00:29:26 ID:7L6GZQpAO
伊良子「…やはりそうであったのか 己のことをずっとそう思っておったのであろう
     自分より階級の劣るかわいそうな最下層出身だと 」
藤木「それは…」
伊良子「優しい言葉をかけたことも口を濯ぐよう水を与えてくれたことも
     己を哀れんでいただけで 上から見下ろして満足していたのであろう」
藤木「そのようなことは…」
伊良子「自分が上だと…自分は虎眼先生に愛されていると そう思い己を笑っていただけなのであろう」
藤木「それは違うぞ… 違う… 決して…」
清玄「うるさい! …嫌な男よ。少しばかり恵まれた階級にうまれおっただけのくせに
     たまたま武士の家に生まれただけのくせに… 
     己の存在なんて、お前にとっては虎眼流の継承の邪魔なだけの存在であったのであろう。」
藤木「それは違うぞ! 士分に取り立ていただいた虎眼先生の大恩に報いる覚悟を述べただけで…」
伊良子「それが己を馬鹿にしているといっておるのだ! 己を同胞と認めてはくれてなかった!」
藤木「…しかし、お主は! 」
伊良子「お前のような貝殻野郎が跡継ぎ、虎眼流継承者になれるわけがなかろう! 」
藤木「盲目(めしい)の分際で・・・」
伊良子「・・・なんと申した?」
藤木「最下層出身の・・・ 盲目(めしい)の分際で…」
伊良子「!」
藤木「盲目(めしい)!!」
伊良子「!!うおおおお!!! 藤木ィ!!」
(待ったの声)
孕石備御前守「何事にも潮時はあるというもの・・・」
藤木「孕石さま!」
孕石備御前守「藤木・伊良子の両者が傷を負い、牛股も負傷しておる
      この場での仇討ちは終了とする。
      死合いの続きは駿河城御前試合にて・・・」
伊良子「何を言っていおるのだ? うっ!」
伊良子「藤木!!」
藤木「くっ・・・」
(二人が引き離される)

------------------------------------------------------------------------

お見事にござりまする。シグルイのガイドラインネタ

------------------------------------------------------------------------

141 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 00:52:28 ID:I3z6a+eV0
フラウ「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     自分より劣るかわいそうな女だと 」

セイラ「それは…」

フラウ「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
     私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」

セイラ「違う…」

フラウ「自分が上だと…自分はガノタに愛されていると そう思って私を笑っていただけなんでしょう」

セイラ「それは違うわ… 違う… 私は…」

フラウ「うるさい! …嫌な女。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
     たまたま上手く作られただけなのに… 
     私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

セイラ「違うわ! 私はせめて、ハヤトのもとで幸せに暮らせるようにと思って…」

フラウ「それが私を馬鹿にしているといっているのよ! 私をメインヒロインと認めてくれてなかった!」

セイラ「…だってフラウは! 」


142 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 00:54:19 ID:a8js9zdj0
よしの「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     自分より劣るかわいそうなスールだと 」
レイ 「それは…」
よしの「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
     私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」
レイ 「違う…」
よしの「自分が上だと…自分は健康優良児と そう思って私を笑っていただけなんでしょう」
レイ 「それは違うわ… 違う… 私は…」
よしの「うるさい! …嫌なレイちゃん。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
     たまたま運動神経が良いだけなのに… 
     私の存在なんて、レイちゃんにとっては自分の価値を高めるだけだった 」
レイ 「違うわ! 私はせめて、薔薇の館で幸せに暮らせるようにと思って…」
よしの「それが私を馬鹿にしているといっているのよ! 私を剣道部員と認めてくれてなかった!」
レイ 「…だってあなたは! 」
よしの「あなたみたいなお姉さま、ロサ・フェティダになれるわけがない! 」

147 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 02:14:39 ID:d9K1yWSa0
運命「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう自分より劣るかわいそうなMSだと 」

∞正義「それは…」

運命「優しい言葉をかけたことも放置していたのも
     私を哀れんでいただけ 圧倒的なブースト量に満足していたんでしょう」

∞正義「違う…」

運命「自分が上だと…自分は格闘ですら勝っていると そう思って私を笑っていただけなんでしょう」

∞正義「それは違うわ… 違う… 私は…」

運命「うるさい! …嫌なMS。少しばかりロック距離が長いだけなのに
     たまたま上手く作られただけなのに… 私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

∞正義「違うわ! 私はせめて、横格の出の早さだけで幸せに戦えるようにと思って…」

運命「それが私を馬鹿にしているといっているのよ! 私をコスト590と認めてくれてなかった!」

∞正義「…だってあなたは! 」

運命「あなたみたいなMS、役に立つ訳ないがない! 」

∞正義「クズ機体・・・」

運命「クズ機体?」

∞正義「FIにも劣る・・・クズ機体のくせに」

運命「( ゚д゚ )!」
152 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 02:51:22 ID:Trq6Zclu0
ルイージ「…やっぱりそうなのか 俺のこと、ずっとそう思っていたんだろ
     自分より劣るかわいそうなキャラだと 」

マリオ「それは…」

ルイージ「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
     俺を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんだな」

マリオ「違う…」

ルイージ「自分が上だと…自分は全国のファンに愛されていると そう思って俺を笑っていただけなんだろ」

マリオ「それは違う… 違う… 俺は…」

ルイージ「うるさい! …嫌な兄貴。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
     たまたま先に作られただけなのに… 
     俺の存在なんて、お前にとっては自分の価値を高めるだけだった 」

マリオ「違う! 俺とは違う、争いのない平和な暮らしをしてほしい思って…」

ルイージ「それが俺を馬鹿にしているといっているんだ! 俺をみんなのヒーローとして活躍させてくれなかった!」

マリオ「…だってお前は! 」

ルイージ「お前みたいなピザデブ、ピーチと幸せになれるわけがない! 」

156 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 06:30:11 ID:rak8xABH0
あっちゃん「やっぱり、そうだったんだね・・・?」
ミヤちゃん「え?」
あっちゃん「私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう?
 世間知らずで、何も知らない箱入り娘だって」
ミヤちゃん「それは・・・」
あっちゃん「優しく微笑んでくれたのも、いつも遊んでくれたのも
 私を哀れんでいただけなんだ・・・」
ミヤちゃん「ちがう・・・」
あっちゃん「あなたは可哀想な人だと、自分の気持ちなんて理解できないと
 そう思って、私を笑っていたんでしょ・・・?」
ミヤちゃん「それはちがうわ!・・・ちがう!私は」
あっちゃん「うるさい!!!」
ミヤちゃん「・・・っ!!」
あっちゃん「・・・最悪・・・。自分が恵まれない家庭だからって・・・
 ・・・私と生まれる所が違ったからって・・・
 私の存在なんて、ミヤちゃんにとっては影で嘲笑するだけのものだった!!」
ミヤちゃん「ちがうわ!私はせめて、あのクマを見て私の気持ちを知って欲しいと思って」
あっちゃん「それが私を馬鹿にしてると言ってるのよ!
 私を本当の友達だと認めてくれてなかった!!」

ミヤちゃん「だってあっちゃんは
 ・・・貴女みたいな無神経な人に本当の友達なんて出来るわけがない!!」

160 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 08:43:25 ID:qh3XYYVY0
ライチュウ「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
      自分より劣るかわいそうな進化系だと 」

ピカチュウ「それは…」

ライチュウ「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
       私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」

ピカチュウ「違う…」

ライチュウ「自分が上だと…自分はゲーフリに愛されていると そう思って私を笑っていただけなんでしょう」

ピカチュウ「それは違うわ… 違う… 私は…」

ライチュウ「うるさい! …嫌な鼠。少しばかり恵まれてアニメのメインポケモンになっただけなのに
      たまたま上手く専用道具が作られただけなのに… 
      私の存在なんて、あなたにとっては雷の石を失うだけだった 」
ピカチュウ「違うわ! 私はせめて、戦わないで幸せに暮らせるようにと思って…」

ライチュウ「それが私を馬鹿にしているといっているのよ! 私を電気ポケモンと認めてくれてなかった!」

ピカチュウ「…だってあなたは! 」

ライチュウ「あなたみたいな鼠、殿堂入りできるわけがない! 」
162 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 09:19:35 ID:beBwgMuDO
タイガーウホホーン「…やっぱりそうなの 私のこと、ずっとそう思っていたんでしょう
     自分より劣るかわいそうなモンスターだと 」

ノコギガッター「それは…」

タイガー「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
     私を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんでしょう」

ノコギ「違う…」

タイガー「自分が上だと…自分はシレンに嫌がられていると そう思って私を笑っていただけなんでしょう」

ノコギ「それは違うわ… 違う… 私は…」

タイガー「うるさい! …嫌なクワガタ。少しばかり恵まれてうまれただけなのに
     たまたま強く作られただけなのに… 
     私の存在なんて、あなたにとっては自分の価値を高めるだけだった 」

ノコギ「違うわ! 私はせめて、根絶やしにされず幸せに暮らせるようにと思って…」

タイガー「それが私を馬鹿にしているといっているのよ! 私を凶悪モンスターと認めてくれてなかった!」

ノコギ「…だってあなたは! 」

タイガー「あなたみたいなモンスター、新作で登場できるわけがない! 」

163 :水先案名無い人:2006/12/28(木) 09:33:16 ID:J05FCMub0
内田「…やっぱりそうなのか 俺のこと、ずっとそう思っていたんだろう
    自分より劣るかわいそうなパイロットだと 」

小坂「それは…」

内田「優しい言葉をかけたことも手をかけてくれたことも
    俺を哀れんでいただけ 上から見下ろして満足していたんだろう」

小坂「違う…」

内田「自分が上だと…自分は操縦技術に優れていると そう思って俺を笑っていただけなんだろ」
小坂「それは違う… 違う… 俺は…」

内田「うるさい! …嫌な男。少しばかり恵まれて航学に入校しただけなのに
    たまたま上手く乗れれただけなのに… 
    俺の存在なんて、お前にとっては自分の価値を高めるだけだった」

小坂「違う! 俺はせめて、自衛官として空自で幸せに暮らせるようにと思って…」

内田「それが俺を馬鹿にしているといっているんだ! 俺をパイロットと認めてくれてなかった!」

小坂「…だってお前は!」

内田「お前みたいなパイロット、イーグルドライバーになれるわけがない!」

小坂「救難のくせに…」

内田「…なんだって?」

小坂「救難の・・・ ヘリパイのくせに」

内田「!」

------------------------------------------------------------------------

なにげに汎用性のあるネタだ。

元ネタスレ
【水銀燈】嫌な女…のガイドライン【ブチギレ】

関連スレッド
ローゼンメイデンのガイドライン オーベルテューレ

翠星石にチョコレート貰った\(^o^)/


ローゼンメイデン関連過去ログ集倉庫
2ch RozenMaiden過去ログ倉庫

スポンサーサイト


テーマ:Rozen Maiden ローゼンメイデン - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

ttp://moemoe.homeip.net/view.php/5359
↑これ。

逆切れ、責任転嫁、自分の都合に相手を合わさせる。
氏ねよって感じ。
【2006/12/29 20:23】 URL |   #- [ 編集]


質より量って感じで読みづらい
【2006/12/30 03:04】 URL | あまの #- [ 編集]


仕方なくね?
でも管理人の一押しくらい色分けして欲しい
【2006/12/30 19:04】 URL | 名無しさん #- [ 編集]


わくわくさんwwwwww
【2007/01/01 15:04】 URL | 水先案名無い人 #- [ 編集]


無駄に長すぎる……
【2007/01/06 15:01】 URL |   #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://kbys.blog63.fc2.com/tb.php/80-1f5377f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。